韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国ファッションを海外に 「インディーブランドフェア」20日から

韓国ファッションを海外に 「インディーブランドフェア」20日から

創業7年未満の韓国のデザイナーブランドに国内外に向けたマーケティングの機会を提供する「2018 Indie Brand Fair」が20日から21日までソウル市江南区の展示場、SETECで開催される。韓国産業通商資源部が伝えた。

同イベントには計200のブランドが参加し、出店や製品販売、商品デザインの共同企画などをバイヤーと交渉する。

韓国の流通業者をはじめ、中国、日本、東南アジアのバイヤー約1500人が参加する予定だ。 

産業通商資源部は同イベントを通じ、国内25億ウォン(約2億5000万円)、輸出100万ドル(約1億1000万円)以上の契約が結ばれると予想している。 

また今回のイベントを通じ、海外バイヤーと国内の新進ブランドの関係が続き、韓国ファッションが海外に進出する機会が広がることに期待を寄せる。
http://news.livedoor.com/


今ではすっかり“インターネット先進国”として世界的にも認知されている韓国。実はインターネット普及率は日本よりも高く、アジア太平洋地区では1位だそうだが(市場調査会社wMarketer調べ)、その背景には、1990年代後半の「ブロードバンド・ブーム」にいち早く取組み、インターネットインフラの構築を目論んだ韓国政府(や関係省庁)の明確な方針と実践があるといわれている。

たしか3年前に発足したグーグル社のイノベーションスペース、“Google Campus”も、アジアは東京ではなくソウルに設けられている。エンタテインメント業界もしかり、サプライヤー・サイドもプレイヤー・サイドも、この“思い切りの良さ”が、韓国のファッション、アパレルをも牽引しているとの見方がある。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月20日 08:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp