韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  北朝鮮で非核化めぐり国論まっぷたつ…「過去への回帰」望む庶民

北朝鮮で非核化めぐり国論まっぷたつ…「過去への回帰」望む庶民

北朝鮮が韓国と米国に約束した非核化をめぐり、国内の意見が真っ二つに割れている。とはいっても、非核化そのものの是非ではない。非核化後の国のあり方だ。(丹東:カン・ナレ記者) 中国に派遣された北朝鮮の幹部は、中央の高官、外貨稼ぎ機関n関係者、トンジュ(金主、新興富裕層)の間から「現状を維持し国際社会から原油支援さえ引き出せばいい」という声がよく聞かれると伝えた。

「朝鮮労働党本部庁舎の幹部たちは一様に、非核化に大きく反発している。しかしそれは表向きのものだ。本音では、非核化に合意して国際社会がすぐに経済制裁を解くことに不安を抱いているのだ」(情報筋) 北朝鮮にとって、経済制裁の解除は望ましいことと思われるが、なぜ不安に感じるのだろうか。それは、経済制裁が解除され莫大な資金が流れ込んでくると、経済的に余裕のできた金正恩党委員長が、北朝鮮をかつてのような計画経済の時代に戻すのではないかと考えているからだ。

「金正恩が望むのは、改革開放ではなく権力の信頼性が最も高かった1980年代への回帰だ」と、この情報筋は話す。そして、配給を無条件で復活させよとの最近の指示は、食べ物で国民を統制していた1980年代の考え方だと説明を加えた。 そうなれば困るのは幹部やトンジュたちだ。 「1980年代の閉鎖的な政策を導入するとなれば、幹部はワイロが得られなくなり、厳しい思想教育と規律に縛られた暮らしに戻る。外貨稼ぎ機関は縮小され、海外への出張、駐在も半分以下になるだろう」(情報筋)


一方、非核化を心待ちにしているのは、長年ひもじい暮らしを強いられ続けてきた庶民だ。平安北道(ピョンアンブクト)の情報筋は「非核化にはそのものには関心がないが、対北朝鮮制裁が解除され、国際社会からの支援が行われるのを楽しみにしている階層は、人口の約4割を占める貧困層だ」と説明した。

幹部やトンジュにとって地獄だった1980年代だが、貧困層にとっては「古き良き時代」で、配給に期待する人々の心理は根強く残っている。 「彼らにとって、学習と規律の生活に縛られた1980年代は、むしろ楽園だった。規律生活だけうまくやれば国から配給がもらえた。今のように食べ物がなくて餓死の瀬戸際に立たされるような状況から脱することができる」(情報筋)
http://www.zakzak.co.jp/

トランプ大統領は、主要関心事として浮上した朝鮮戦争の終戦宣言について、「我々は(朝米首脳会談で朝鮮戦争の終戦に対する)合意に署名できるだろう」とし、「それは第一歩になるだろう」と述べている。非核化に向けた「行動対行動」に入る前に、「言葉対言葉」の側面で彼が朝米首脳会談を規定する言葉として用いてきた「プロセスの始まり」を示唆したものと解釈される。トランプ大統領はまた、朝米間で国交正常化を意味する「関係正常化」も可能かという質問に「関係正常化は私が期待するものだ。すべてが完結された時、実現されることを期待する。確実にそうなることを望んでいる」とした。

トランプ大統領はこれまで、非核化を行えば「北朝鮮が幸せになれる」という抽象的表現を使っただけで、「国交正常化」という具体的表現を使わなかった。結局、対話の入り口に「終戦宣言」、非核化が実現された後は「国交正常化」と平和協定が可能という青写真を示したわけだ。 北朝鮮に非核化を信用している専門家は多いとは言い難い。私は全く信用していない。朝鮮人は信用できない。韓国を見れば約束破りが普通の国である。日本政府も慎重に北朝鮮と向き合うべきだろう。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月20日 08:53 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp