韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  豪裁判所、米アップルに罰金7億円、消費者の権利について誤った説明で

豪裁判所、米アップルに罰金7億円、消費者の権利について誤った説明で

オーストラリアの裁判所は19日、外部業者が修理した「iPhone(アイフォーン)」や「iPad(アイパッド)」の不具合への対応を拒否する際、消費者の権利について誤った説明を行ったとして、米アップル(Apple)に対し900万オーストラリアドル(約7億円)の罰金支払いを命じた。

この問題では、基本ソフトをアップデートした際に端末の動作が停止するという、「エラー53」という名で世界的に知られるトラブルに遭遇したユーザーらが、競争消費者委員会(ACCC、公正取引委員会に相当)に苦情を申し立てた。その一方でアップルは、ユーザーらに外部の業者が修理を行った端末を改善する責任はないと伝えていたという。 ACCCは昨年、不具合が起きた端末のユーザーに対し、同国の法律上、消費者の権利について誤った、もしくは誤解を招くような説明を行ったとして、連邦裁判所にアップルを提訴。

ACCCのサラ・コート(Sarah Court)委員長は声明で「もし商品に不具合がある場合、オーストラリアの消費者保護法の下では、ユーザーは商品の修理または交換サービスを受け、場合によっては返金される権利を有する」と指摘。「裁判所は、iPhoneやiPadがアップル以外の業者によって修理されたということだけで、商品に対する保証が適用されなかったり、修理を受ける権利が失効したりすることはなく、また可能でもないと判断した」と説明した。


アップルは2015年2月から2016年2月までの間に、少なくとも顧客275人に対し、ウェブサイトやアップルストアのスタッフ、および電話でのカスタマーサービスを通じて、誤解を招く説明をしていたと認めた。
http://news.livedoor.com/

アップルは次のように説明している。iOS デバイスを Mac や Windows パソコンの iTunes でアップデートまたは復元しようとした際に、iTunes にエラー 53 が表示されることがある。エラー 53 が表示されるのは、デバイスがセキュリティテストに合格しなかった場合。このテストは、工場出荷前に Touch ID が正常に機能するかどうかを調べるためのもので、お客様への影響を想定したものではない。 エラー 53 が表示された場合の対策として、Apple では、iOS 9.3 でアップデートをリリースした。このアップデートを適用すれば、Mac または Windows パソコンの iTunes でデバイスを正常に復元が可能。この記事の手順にそって、デバイスを復元および復旧してくださいと伝えている。

iPhone5sより、TouchIDのためにメイン基盤とホームボタンはペアリングされるようになったので、ホームボタンを交換してしまうとホームボタンとしての機能は果たせるものの、TouchIDの機能がその後一切利用できなくなる。そして、このペアリングが一致しない状態でiPhone6/iPhone6PlusのiOSの更新や端末の復元を行うと発生してしまうのがエラー53。このエラー53が出てしまうとiPhoneは一切使えない状態(=文鎮化)となる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月20日 09:34 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp