韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  手術を録音してみたら…韓国で病院の恐ろしい事実が次々に発覚

手術を録音してみたら…韓国で病院の恐ろしい事実が次々に発覚

2018年6月21日、韓国で医者が手術中の患者に対して暴言やセクハラ発言をしていた事実が相次いで発覚しており、ネット上に不安が広がっている。

韓国メディア・JTBCは20日、ソウル江南の有名整形外科の医師らが、麻酔で意識を失っている女性患者に対しセクハラ発言をしていたと報じた。記事によると、2013年に脂肪移植手術を受けた30代の女性は、医療事故への懸念から手術室に録音機を持って入り、医師らの会話を録音した。手術後、録音された会話内容を確認すると、医師らは意識のない状態で手術台に裸で横たわる女性について、「本当に胸が全くない」「手術に大きな期待があるんじゃない?」「完全に脱毛したんでしょ?彼氏はいないだろうね」などと話していた。さらに男性医師らは「この人は結婚しているのか?彼氏がいれば解決するのに。若くて元気なら毎晩のように…」などと露骨な発言もしたという。

これを公開した理由について、女性は「恥ずかしくても世間に知らせるべきと考えた。美しく見えるために(整形外科)行ったことを後悔している」と話した。女性は現在、医者らを相手に損害賠償請求訴訟を起こす予定だという。 また今月16日には、全羅北道全州の耳鼻咽喉科で、医師らが鼻炎の手術を受けた男性患者に暴言を吐いていたことが発覚した。中央日報によると、男性は手術当日に医師から酒の臭いがしたため不安になり、スマートフォンの録音機をつけて手術室に入った。


録音機には、医師らが麻酔で意識のない状態の男性に対し「軟骨がないじゃないか。この野郎」「こんなやつは手術してはならない」などと暴言を吐く様子が記録されていた。その後、医者らは過ちを認めて男性に謝罪したという。 韓国のネットユーザーからは「恐ろしい。手術中は手術に関する話以外はすべきでない」「患者を人と考えていない証拠」「全身麻酔の手術には監視カメラの設置を義務付けよう」「医者に代わってロボットが手術できる日が早く来てほしい」など不安の声が相次いでいる。
https://www.recordchina.co.jp/

一方で、以前から気になっていたが、韓国ドラマなどを見ていると、時たま登場人物が病院に“強制入院”させられるシーンが描かれる。ドラマをおもしろく展開させる演出のひとつだと思っていたが、どうやら現実にも強制入院というのがあるらしい。それどころか精神病院の入院患者は、ほとんどが強制入院させられているという。その事実が判明したのは2016年5月だった。国会保健福祉委員長キム・チュンジン議員が2011年から2014年までの4年間における精神医療機関に関するデータを公開した。

データーによると、2011年に6万7223人だった精神病院の入院患者数は、2012年6万9425人、2013年6万9511人、2014年7万932人と年々増加していることが判明。続く不況や極度の競争社会によるストレス、はたまた韓国人特有の病気といわれる“火病”などが原因かと思いきや、どうやら精神病患者自体が増えているというわけではないようだ。データには、精神病院の入院患者がどのような経緯で入院していたかも示されている。「自分の意思による入院」と「保護義務者による入院」が主な項目なのだが、2011年の数字を見ると、なんと「保護義務者による入院」が全体の75.7%を占めていた。4年間の合計で見ても、入院患者の71.6%が「保護義務者による入院」だった。

日本ては聞き慣れない保護義務者とは、一体誰のことを指すのだろうか。今回の場合、多くは入院患者の“家族”を指しているという。入院患者の保護義務者の内訳を見ると、家族が6~7割で、市・郡・区庁長などは1割にも満たなかった。韓国の精神病院入院者の10人に7人は、自分の家族によって“強制入院”させられているということになる。そもそも韓国の強制入院のプロセスは、あまりに“お手軽”という指摘があるらしい。その法的根拠となっているのは精神保健法第24条というものらしいのだが、精神保健法第24条は現在、憲法裁判所の違憲審判を受けつつ、次のような内容が規定されている。

「精神医療機関などの責任者は、精神疾患者の保護義務者2人の同意(保護義務者が1人の場合は1人の同意とする)があり、精神健康医学科専門医が入院の必要があると判断した場合に限り、当該精神疾患者を入院させることができる」

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月23日 08:46 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp