韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓ロ首脳、FTA推進に合意「2020年までに貿易額300億ドル」

韓ロ首脳、FTA推進に合意「2020年までに貿易額300億ドル」

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、ロシア国賓訪問二日目となる22日(現地時間)、モスクワのクレムリンでウラジーミル・プーチン大統領と首脳会談を行い、韓ロFTA(自由貿易協定)のサービス・投資分野交渉を進めることで合意した。これと共に両首脳は会談後、韓国-ロシア-欧州を結ぶ鉄道網の構築や、国交正常化30周年に当たる2020年を「韓ロ文化交流の年」に指定するといった内容を盛り込んだ共同宣言を発表した。

文大統領とプーチン大統領は昨年9月の首脳会談で、韓国とユーラシア経済連合(EAEU)間のFTAを推進することで合意したが、これと共に韓ロの二国間FTAも推進し、経済協力規模を拡大したいというわけだ。文大統領は、22日の会談に先立って開かれた「韓ロ ビジネスフォーラム」の基調演説で、「ユーラシア時代の共同繁栄のため、(韓ロ)両国の国交正常化30周年に当たる2020年までに貿易額300億ドル(約3兆2980億円)、人的交流100万人の目標を共に達成していこうと提案する」と語った。

文大統領は首脳会談でプーチン大統領に「韓半島(朝鮮半島)非核化のため、ロシア政府が建設的な役割を果たしてほしいと要請した」と、韓国大統領府(青瓦台)は明かした。これにプーチン大統領は「ロシアもまた北朝鮮の核問題の平和的解決と、東アジアにおける恒久的平和・安定の定着に向けた努力を続けたい」と応じた。


大統領府の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は、首脳会談後の書面ブリーフィングで「プーチン大統領は、今年9月11日から13日までウラジオストクで開かれる東方経済フォーラムに文大統領を招待した。これに対し文大統領は『下半期の外交スケジュールを見てから答えたい』と語った」と伝えた。これに先立ちプーチン大統領は今月初め、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長にも、同じ期間にロシアを訪問して欲しいと要請したと伝えられている。文大統領がこの行事に出席した場合、南北首脳がロシアで対面する可能性がある。
http://www.chosunonline.com/

ロシア訪問中の韓国の文在寅大統領は22日、プーチン大統領と会談した。ガスパイプラインや鉄道などのインフラ整備での協力推進で合意した。北朝鮮への制裁が緩和されれば南北ロの3者協力に切り替えるという。米朝首脳会談を踏まえ制裁緩和をにらんだ各国の動きが活発になっており、融和ムード先行の危うさを指摘する向きもある。両首脳はインフラ協力などを柱とした共同声明を発表し、韓ロ両国の政府系機関や企業もそれぞれ覚書を結んだ。自由貿易協定(FTA)も、サービス・投資分野に関する国内手続きを始めることで合意した。

一連の合意は、文氏が目指す朝鮮半島とユーラシア大陸を鉄道やパイプラインなどのインフラで連結させる「新経済地図」構想の布石となる。ただ対北朝鮮制裁が緩和され、北朝鮮も含めてインフラの整備が進められることが大前提となる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月23日 08:53 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
問題意識のすれちがい
文在寅とプーチンの会談はずいぶんな、すれちがいですね。
ロシアはFTAどころではないでしょう。
極東特区、東方経済フォーラムこういう政策が出るのは、
何故かというと、
とにかく、極東ロシアはジリ貧で、外資を呼び込んで仕事を
作らないと人がいなくなる。
[ 2018/06/23 14:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp