韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  新型アップルウォッチは「物理ボタン廃止」 防水性も向上か

新型アップルウォッチは「物理ボタン廃止」 防水性も向上か

アップルウォッチの次期モデル「シリーズ4」では、物理的に押せるサイドボタンやデジタルクラウンが廃止される可能性がある。新型アップルウォッチに関しては、筐体のサイズは同じだが、画面は15%大型化されるなどの噂も浮上している。

ニュースサイト「Fast Company」のMark Sullivan記者が関係筋から得た情報によると、新型アップルウォッチでは押し込み型のサイドボタンやデジタルクラウンの代わりに、触覚フィードバック(haptic feedback)テクノロジーで押している感覚を与える固定型パーツが採用されるという。アップルは2015年9月に発表したiPhone 7でホームボタンをソリッドステート型に変更し、その前年にはMacBook Proのトラックパッドもソリッドステート型に変更していた。この流れがアップルウォッチに到来するのは自然なことに思える。

この仕様変更はバネのようなパーツが不要になることを意味し、省スペース化につながる。筐体内のスペースが広くなれば、その分搭載できるバッテリーが大きくなる。しかも物理的なパーツが1つ減ることで故障のリスクも低減できる。また、本体とボタンの間に隙間ができないため、防水という観点でもプラスになる。ソリッドステートのボタンに移行しているのはアップルだけではない。例えばファーウェイの「P20 Pro」でも同様のホームボタンが採用されている。


しかし、アップルが他社と違うのは、触覚フィードバック機能で振動を伝えることにより、ボタンを押したかのように感じられることだ。筆者もかつて動かないボタンと聞いて懐疑的に思ったが、使ってみたら思いのほか気に入った。押せないボタンを押すという動作には一種のがっかり感があるが、アップル製品では心地よい絶妙なバイブレーションがあるため、ボタンを押せたような感覚が得られる。

iPhoneでは感心する程度だったが、MacBook ProとMacBookのトラックパッドは驚くべきリアルさだ。筆者は親指の下でボタンが動いていると確信していたが、電源を切ったときに全く押している感覚がしなかったため、やっとボタンは動かないのだと納得したほどだ。新型アップルウォッチに搭載されるソリッドステート式のボタンにも、同様なリアルな感覚が期待できる。デジタルクラウンは新型モデルでも回転式の仕様となるが、押すという動作に関してはサイドボタンと同じになるという。
http://news.livedoor.com/

著名アナリストのミンチー・クオ氏から語られた、今年の「新型Apple Watch」が大画面化するという情報。そんな予想を取り入れたコンセプト画像が、海外ニュースサイトのPhone Arenaから公開されている。これまで、本体とディスプレイサイズには手がくわえられなかったApple Watch。しかし報告によれば、第4世代の新型Apple Watchは本体サイズは38mmと42mmから変わらず、15%大きなディスプレイを搭載するという。つまり、上画像のようにベゼルが狭くなることで大画面が実現される。

新型Apple Watchではそれ以外にも、ヘルスケア機能の強化や駆動時間の延長が噂されている。私はアップルウォッチ3ですが、ほぼ2日の駆動時間です。基本的にスマホ機能レベルですから手放せません。最近のアップルヒット商品でしょう。心拍数が図れるのですから、同じ理論で血圧測定できるように、精度を上げてほしいですね。心拍数だけ見ても、グラフ化され、トイレなどで心拍数が上昇し、次第に低下する様子がよくわかります。その他SNSなどを含めて、実に便利です。多くの機能がスマホ側でセッティングできるので、使用してみると、実は案外素晴らしいことに気が付きます。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月23日 09:23 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp