韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  人材不足の半導体製造装置・部材業界、AIで生産効率化急げ

人材不足の半導体製造装置・部材業界、AIで生産効率化急げ

IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)の普及に伴い、半導体製造に使う装置や部材の需要が増加する中、半導体製造装置・部材メーカーもIoTやAIを駆使して生産や顧客サポート体制を強化している。大日本印刷は半導体製造に使う部材の生産をAIで効率化する。キヤノンは顧客サポートでのAI活用を始めた。ウシオ電機は装置の故障防止や機能改善などにAIを導入する。

大日本印刷は回路を半導体ウエハーに転写する際の原版「フォトマスク」の生産現場でAIの活用を2018年から本格化する。フォトマスクの製造装置の稼働状況などをIoTセンサーで取得する。取得した情報はAIで解析し、故障の予知保全や装置のメンテナンス間隔の延長につなげる。 装置のメンテナンスは数週間から数カ月に1回程度、定期的に実施しているが、メンテナンスに数日かかるものもあるという。AIで効果的なメンテナンス間隔を装置ごとに算出できれば、生産性向上につながる。

17年にフォトマスクの生産に使う主要装置の2割を対象にAIを導入し、突発故障の削減や定期メンテナンス間隔の延長を実現した。異物の数が減るといった品質向上にも効果があったことから、18年から対象となる装置を5割以上に広げてモニタリングする。 キヤノンは半導体露光装置のフィールドサポートでAIの活用を始めた。今後は電話で現場の顧客に対して適切なガイダンスをしたり、サービス部門が顧客の拠点で行うべきサポート内容などについて、効率よく最適な解を導けるシステム構築を目指す。

スポンサードリンク
ウシオ電機は、半導体露光装置の稼働率を維持・向上するために2―3年以内にAIを導入する。顧客との契約に基づき、半導体露光装置に搭載したセンサーで装置の異常などの情報を取得する。取得したデータは、故障を未然に防ぐことのほか、装置の機能改善などに役立てられる。
http://news.livedoor.com/

「半導体がパソコンやスマートフォンだけでなく、企業のデータセンターや、電動化が進む自動車にも使われ始めている。それで顧客の半導体メーカーから検査装置の注文が増えている。この1年で急に活気づいた感じがする」と語るのは、半導体製造装置メーカーのレーザーテック 岡林理社長だ。半導体製造は、韓国や中国に同様の製品をつくれるメーカーはない。光や電気を扱う技術のほか、画像処理や精密技術も求められるから、追いつくのは難しい。競合は、米国のKLA―テンコール1社となるという。

また、レーザーテック 社員の給与が高い理由として、良い人材を集めるためとしている。好待遇なら、良い仕事ができる。人手不足感が出てきて毎月のように中途採用をしている。必要な人数は何とか確保しているという。半導体業界は過剰と言われるが、今は状況が違う。かつてはパソコン、スマホと、単一の商品に需要が引っ張られていた時代と違って、いまはデータセンターからAI、IoT、電気自動車、自動運転技術と、商品が複数ある。次世代通信技術の5Gの導入も控えている。多少のデコボコはあっても右肩上がりで需要は伸びていくだろうという。

また、自前の国内工場では試作や最終的な調整、性能の確認をするぐらいで、製造の大部分を他社にゆだねているという。ただ、国内でつくるメーカーにしか頼まない。複雑な製品のため、委託先と近い距離で緊密に連絡を取り合う必要があるとしている。有能な人材確保には苦労している様だ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月23日 12:27 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp