韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  米「J.D.Power」の新車初期品質ランキングで韓国車が上位を独占した理由

米「J.D.Power」の新車初期品質ランキングで韓国車が上位を独占した理由

米国のJ.D.POWER(顧客満足度調査会社)が2018年の新車初期品質調査結果を発表しました。この調査は米国市場で2018年モデルの新車を購入した約7.5万人を対象に、購入後3ヶ月間に発生した不具合を分野別に調べたもの。それによると、韓国ブランドのジェネシス(68)、キア(72)、ヒュンダイ(74)が不具合の少なさで上位を独占(1‐3位)する結果となっています。(数値は100台当たりの不具合数)

また日本車ではレクサスが8位(84)、日産が10位(85)、インフィニティが14位(92)、トヨタが17位(96)、アキュラが20位(99)、マツダが22位(100)、ホンダが23位(102)、三菱自が26位(111)、スバルが28位(115)などとなっており、長年のリーダーだったトヨタとホンダはいずれも全社平均(93)を下回る結果となっています。日本車の不具合傾向として、クルマのハイテク化に伴い、オーディオ/NAVI関連や運転支援システムに関する不具合が増加しており、J.D.POWERでは今後の自動運転実現に向け、電子システムに対する信頼感を高める必要が有るとして、一層の改善を求めています。

韓国車はエレクトロニクスやインフォテインメントシステムの面で、ユーザーの混乱を招く複雑なシステムを避け、シンプルを維持している点が高い評価を得た一因になっているようです。J.D.POWERによる同ランキングは、米国の消費者が新車を購入する際の指針になっており、自動車業界にとって影響が大きいだけに、早期の品質向上が望まれます。
http://news.livedoor.com/

スポンサードリンク
このランキングが自動車業界にとって重要なのは、米国の消費者が新車購入を決める際に指針になることが多い事にある。調査によると、新車の品質(所有してから何日かの間に生じた不具合の数で測る)は、4年連続で改善した。これは、より良い車を作ろうとする業界の動きを反映していると言える。 だが、韓国メーカーがトップに立った理由について、JDパワーの幹部デーブ・サージェント氏は、米国のドライバーにとって魅力的になるよう小さな工夫を施したからだと話す。韓国メーカーは米国の消費者が何を求めているかを注視し、車の設計を始める際、得た知識を細かく生かしているという。

サージェント氏によれば、これは、日本とドイツの自動車メーカーがそれぞれ自国市場や世界市場全体を意識して車を設計しているためだ。これに対し、韓国メーカーは米国のドライバーを強く念頭に置いて車を設計しているという。 サージェント氏によると、カップホルダーを大きくしたり、コントロール類をハンドル上部付近に設置したりするなど、米消費者向けの工夫によって品質評価は改善につながるという。また、新車品質のその他の指標には、風切り音の小ささや、ナビゲーションシステムの使いやすさなどが含まれている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月25日 09:27 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
ヒュンダイは消滅する
そうなら、現代自動車は米国で台数を伸ばしている、
と、思ったが、減らしている。
JDPowerがいう「初期品質」は販売成績とは無関係なような。

米国自動車販売台数 2018年第一四半期
ヒュンダイ 148,877台 -11.8% (2017年は168,792台)
起亜 126,945台 -0.6% (2017年は127,728台)

この傾向が続けば、ヒュンダイと起亜が逆転する。
ヒュンダイブランドは廃止して起亜に統合されるだろう。
[ 2018/06/25 12:20 ] [ 編集 ]
同一モデルを長く作っているから初期品質は良い
 良いことは良いとはっきり言う。この点は日本車も見習うべき。

 同一モデルを長く作っているから、品質が熟成されているから初期品質は良い。

NEWモデルは、一般的に初期品質は悪い。

[ 2018/06/25 13:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp