韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「韓国ビールよりおいしい」…北朝鮮の大同江ビール輸入されるか

「韓国ビールよりおいしい」…北朝鮮の大同江ビール輸入されるか

韓国企業が米国の5・24措置解除に備え北朝鮮の「大同江(テドンガン)ビール」輸入に向けた仮契約を結んだという報道が出てきた。ウィキリークスは25日、匿名の対北朝鮮経済協力専門家の話としてこのように明らかにした。それによると、韓国のある企業はすでに大同江ビール輸入に向けた仮契約が北朝鮮側となされた状態だ。

大同江ビールは竜城(リョンソン)ビールとともに北朝鮮を代表するビールで、元エコノミスト誌記者のダニエル・チューダーが「韓国ビールは(北朝鮮の)大同江ビールよりまずい」という記事を書いて有名になった。 大同江ビールは大同江美林(ミリム)の水を原料に使うアルコール度5.7%の北朝鮮ビールで、2002年から平壌市寺洞(ピョンヤンシ・サドン)区域にある大同江ビール工場で生産されている。北朝鮮は180年の伝統を持つ英国アッシャーズ醸造会社から設備を買取平壌に持ち込んで再組み立てした後大同江ビール工場を整えた。この工場は毎月平均22万2000本のビール生産が可能な施設を備えている。

大同江ビールは2000年代初めに中国を通じて輸入され韓国でも人気を呼んだが、李明博(イ・ミョンバク)政権になり南北関係が悪化して輸入が中断された。 最近南北関係に薫風が吹き南北首脳会談が開かれた4月27日には大同江ビールを輸入して韓国のコンビニで買えるようにしてほしいという国民請願が青瓦台(チョンワデ、大統領府)の国民請願ホームページに上げられたりもした。


情報当局関係者は「現在では対北朝鮮事業関連者の希望混じりの見通しだとみられる。輸入が実現するためには対北朝鮮制裁など国際社会レベルで解決されなければならない先行課題がとても多い」と話した。
http://japanese.joins.com/

意外だが北朝鮮には複数のビールブランドが存在し、大同江ビールはそのうちの一つだ。味は濃厚でうまいと特にヨーロッパで高い評価を受けている。その理由は、元々イギリスで倒産したビール工場を買い取って北朝鮮へ醸造施設を丸ごと移築した、イギリスビールが元になっているからだ。そのためヨーロッパ人好みの濃いビールとなっておりヨーロッパでの評価が高くなるのも当然といえる。

大同江ビールは、故金正日総書記の号令で2001年から工場建築が始まり、翌2002年4月から生産を開始している。現在では、中国へ輸出されているので、中国でも飲むことができるが、中国へ輸出される前には現在では絶対に有り得ない、韓国へ輸出されていたから驚く。親北政権だった金大中・盧武鉉政権の時代のことだ。記者は、2007年に韓国土産としてもらったのが当時韓国で売られていた大同江ビールだった(現在、韓国での販売はされていない)。

大同江ビールには、白や黒など色の異なる種類やアルコール度数の違う複数の兄弟銘柄が存在する。さらに昨年には従来の瓶ビール、生ビールに加え缶ビールも登場するなどその種類を増やしている。近年、中国へ輸出されるようになり北朝鮮レストランのメニューに登場し、丹東や瀋陽など北朝鮮人が多く行き交う都市などでも売られている。大同江ビールを北朝鮮以外で唯一飲むことができるのが中国となっている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月26日 09:26 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp