韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  トヨタ、外国人副社長に役員報酬10億円 初の大台突破

トヨタ、外国人副社長に役員報酬10億円 初の大台突破

トヨタ自動車が、ディディエ・ルロワ副社長に役員報酬として10億2600万円を支払ったことが25日、トヨタが開示した2018年3月期の有価証券報告書でわかった。 昨年の1・5倍で、10億円超えは同社の役員で初めて。「優秀な人材の確保のため」(トヨタ広報)とするが、3億8千万円だった豊田章男社長の3倍近くにのぼった。

金額は賞与を含む。連結子会社からの分と合わせ、報酬が1億円を超えた役員5人をトヨタが公表した。 

このうち販売担当のルロワ氏は、基本報酬1億9900万円と賞与7億1600万円に、会長を兼務する欧州トヨタからの報酬も加わって10億円を突破した。

豊田氏も昨年の3億2200万円から2割弱増えたが、トヨタ初の外国人副社長のルロワ氏は昨年4億円ほどだったトヨタの賞与が大きく伸び、両者の差は前年の2・1倍から2・7倍に広がった。

ルロワ氏の報酬は、公開対象になった16年3月期以降で3年続けて豊田氏を上回った。金額の根拠についてトヨタ広報は「国や地域ごとの報酬水準のバランスを含めた総合的な判断」としている。
http://news.livedoor.com/


上場企業で報酬が1億円以上の役員の開示が義務化された10年3月期以来、トヨタとして最高額。豊田章男社長の報酬は18%増の3億8000万円だった。ルロワ氏は仏ルノーを経て1998年にトヨタに入社し、15年から初の外国人副社長に就任している。欧米の大企業は日本企業より報酬の水準が高く、グローバルな相場観を踏まえたようだ。トヨタの前期の純利益は2期ぶりに過去最高を更新しており、好業績も反映させた。保有するトヨタ株からの配当を合わせた豊田社長の年収は14億円超でルロワ氏を上回る。

取締役数が減ったことで報酬1億円以上の取締役は計5人と昨年よりも1人減った。一方で役員報酬の総額は19億1700万円と前の期に比べ14%増え、1人当たりの報酬額は増えている。トヨタの18年3月期の業績は、純利益が2期ぶりに過去最高を更新するなど好調に推移。同社はルロワ氏の報酬増額について「社の業績や優秀な人材の確保、欧米など各地域の(報酬)水準といった観点から総合的に判断した」としている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月26日 09:32 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp