韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  高級車と大衆車を同時発売、トヨタは誰とつながる?

高級車と大衆車を同時発売、トヨタは誰とつながる?

トヨタ自動車がコネクテッドカー(つながる車)の本格展開に乗り出す。26日、全面改良した高級セダン「クラウン」と新型小型車「カローラスポーツ」をそれぞれ発売した。高級車と大衆車で代名詞となっているクラウンとカローラを初代コネクテッドカーとし、サービスを充実させた。自動車の市場環境が大きく変化する中、クルマの機能や役割を変えていく必要に迫られている。

兄弟車を除けば、トヨタが複数の新車を同日に発売するのは異例だ。友山茂樹副社長は「最先端のコネクテッド技術で、新たな時代を築こうとしている」とコネクテッドカーの普及に意欲を示す。 ドライバーとつながる「eケア走行アドバイス」機能では、警告灯点灯時に車載マイクとスピーカーでコールセンターや販売店から適切なアドバイスを受けられる。 会員制交流サイト(SNS)大手のLINEとも連携し、アプリケーションのトーク機能でカーナビゲーションシステムの目的地登録などができる機能を付けた。

トヨタは愛知県日進市の研修施設に「コネクティッドオペレーション改善道場」を設置し、販売店向けにトレーニングも始めた。国内で今後発売するほぼすべての車種をコネクテッドカーにするため、年内に全国の約5000店舗を対象に体制整備を急ぐ。 もちろん、クルマ自体の魅力も高めた。クラウンは国内専用車だが、秋山晃チーフエンジニアは「世界中のどこでも戦えるクルマにする」と断言。ドイツのサーキット場で走りを磨いており、輸入車などからの乗り換えも狙う。 12代目のカローラシリーズの先駆けとなるカローラスポーツは、購入層が高齢化する中、若者需要を取り込む。
http://news.livedoor.com/


トヨタ自動車・豊田章男社長は「走る、曲がる、止まる、というこれまでの性能に加えて、つながる、という新たな性能が、これからの車には求められているのです」と話す。26日、トヨタは、人とつながる新たなモデルの車を本格展開することを発表し、注目すべき特徴は、通信端末を通じ、外部と情報をやりとりができる車、「コネクテッドカー」となる。

今回、新たに紹介された機能は、無料通信アプリのLINEと連携することで、乗車前に目的地の登録や、出発時間、ガソリンの残量など、車と会話をしているかのように確認が可能だ。また、車に異常が発生すると、コールセンターのオペレーターだけでなく、販売店とも情報を共有し、サポートしてくれる。 トヨタはなぜ、コネクテッドカーに力を入れるのか。そこには、長年愛され、ユーザーの高齢化が進むモデルで、あえて若者を開拓したいという狙いがある。

トヨタ自動車・小西良樹氏は「ユーザーの平均年齢は少し高い。もう一回若い人たちに乗ってもらうために、デザインや走り、スマホを若い人が使っている世の中で、そういったものとつながっていく車にしたいと」と話している。車を他人とシェアすることが浸透しつつある一方、自動運転技術の進歩が加速する自動車業界。 今後、トヨタは2020年までには、日本とアメリカで販売するほぼ全ての乗用車に、車載通信機を搭載する方針だ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月27日 09:21 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp