韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  米国の半導体装備輸出制限で韓国企業の中国工場への「飛び火」懸念

米国の半導体装備輸出制限で韓国企業の中国工場への「飛び火」懸念

米国が中国の産業高度化政策である「中国製造2025」を狙い半導体装備輸出を統制しようとする動きを見せている。中国に半導体工場を置くサムスン電子とSKハイニックスへの影響が懸念される。

ウォールストリートジャーナルが25日に伝えたところによると、トランプ政権が30日に発表する予定の中国企業投資制限措置に米国先端製品の対中輸出抑制案も含まれるという。米政府消息筋は同紙に対し、「米国家安全保障会議(NSC)と商務省が先端技術の流出を防ぐために輸出統制を強化するだろう」と明らかにした。

代表的輸出抑制品目としては半導体装備が議論されている。この日ニューヨーク証券市場では半導体装備会社の株価が急落した。世界1位の装備会社であるアプライドマテリアルズが2.61%値を下げたほか、ラムリサーチが2.11%、ASMLが4.71%、KLAテンコールが2.21%の下落となった。フィラデルフィア半導体業種指数(SOX)も3.1%落ちた。

半導体は中国製造2025戦略の核心業種だ。中国は半導体崛起に向け米国企業から多くの装備を購入してきたが、米政府が輸出規制に乗り出せば打撃を受けるほかない。


問題はサムスン電子、SKハイニックスなど韓国の半導体メーカーもこれら米国装備会社に大きく依存している点だ。産業通商資源部によると韓国の半導体装備市場の国産化率は20%水準にすぎない。核心装備をほとんどASML、アプライドマテリアルズ、ラムリサーチ、東京エレクトロン、KLAテンコールの世界トップ5の装備メーカーに依存している。トランプ政権が中国への輸出を制限する場合、サムスン電子は中国西安工場、SKハイニックスは無錫工場の半導体工程を改善するのが難しくなりかねないという話だ。

格付け会社ムーディーズのアナリスト、リチャード・レーン氏は報告書で「中国の半導体メーカーが半導体を生産するために必要な先端装備を供給する会社は米国の半導体装備メーカー以外に存在しない。これらが米中貿易戦争に露出している」と指摘した。 http://japanese.joins.com/

「中国製造2025」は、2015年に李克強首相が全国人民代表大会で初めて発表した政策である。製造業基盤育成、技術革新、緑色成長を通して中国の経済モデルを“量的成長”から“質的成長”に変える中国政府の産業戦略となる。核心部品と資材の国産化率を2020年までに40%に引き上げ、2025年には70%まで達成し、10大核心産業を世界最高水準に引き上げるという。次世代情報技術、ロボット、航空宇宙、海洋工学、高速鉄道、高効率・新エネルギー車、環境にやさしい電力、農業機器、新素材、バイオが、中国の未来を切り拓く10大核心産業である。

中国への輸出規模があまりにも大きくなり、米国が高率関税賦課対象に挙げた年間600億ドルの製品も、輸出全体の2.6%に過ぎない。中国の内需市場が急成長して、輸出依存度も毎年低下している。こうした状況で米国との競争が激しい先端技術分野で、中国の次世代主力産業の成長の余地を遮断することは戦略的に正しいとの専門家の指摘がある。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月27日 18:40 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
当然のこと
 中国は基礎的研究をしておらず、自国の技術力は国外の知的財産を搾取して手に入れた物、例えば高速鉄道は日本、ドイツから技術移転をした物をまるで自国開発した様に喧伝している、スマートフォンはサムスンなど韓国企業の物まねで政府の補助金で低価格で販売、輸出をしている、これらはWTOの規約違反であり厚顔無恥な中国は反省の素振りも見せない、アメリカが過去に日本の半導体事業に脅威を抱いて報復した様に、アメリカは当然の様に中国を潰しに掛かるし、ましてや中国に下僕のような韓国など気にもしてない、当然の事として日本は韓国を助けない。
[ 2018/06/27 19:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp