韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  IBMの新しい人工知能は、人間を「論破」する能力を身につけた

IBMの新しい人工知能は、人間を「論破」する能力を身につけた

サンフランシスコで6月18日(米国時間)に開催されたイヴェントで、IBMの人工知能(AI)は「テクノロジーとの戦いは、人間の創造力との戦いです」と言い放った。

この発言をしたのは、「Project Debater(プロジェクト・ディベーター)」と名付けられたソフトウェアである。イスラエルの2016年度のディベートチャンピオンであるダン・ザフリルと「遠隔医療の価値」というテーマでディベートを行なっていた際のものだが、発言の内容は未来の技術それ自身についても当てはまるかもしれない。

話し言葉と書き言葉を解析できるソフトウェアは、天気予報を伝える以上のことができるまでに進化してきている。会話や議論をするAIと一緒に暮らす準備ができていない人もいるだろう。だがテック企業は、すでにこうしたAIの使い道を見つけようと取り組んでいる。

IBMが行った「プロジェクト・ディベーター」のデモだけではない。グーグルは5月に「Google Duplex(デュプレックス)」と呼ばれるAIボットのデモを行い、AIが電話でレストランや美容院を予約する[日本語版記事]様子を披露している。


IBMが18日に行ったデモは、同社のスーパーコンピューターである「ワトソン(Watson)」が11年に、米国の人気クイズ番組「Jeopardy!(ジョパディ)」のチャンピオンに勝利した[日本語版記事]ことを思い出させるものだった。6年前からIBMが開発してきたディベーターが対決した相手はザフリルと、イスラエルの学生ディベートチャンピオンになった経歴をもつノア・オヴァディアだ。ディベートが行われた時間はどちらも20分だった。

最初のオヴァディアとの“対決”で、ディベーターは「政府が宇宙探査に補助金を出すべきだ」との立場で議論を展開した。次のザフリルとのディベートでは、「遠隔医療をより広い範囲で実施すべきだ」と主張した。ディベーターは、人間と同じくらいの高さと幅をもつ黒い自立型スクリーンの姿をしていた。どちらのディベートでも、ディベーターは落ち着いた女性の声で肯定意見を4分間述べた。そのあと、人間の対戦相手が否定意見を4分間述べ、互いに議論した。最後は、双方が2分間の最終弁論を行った。
http://news.livedoor.com/

米IBMは6月18日、サンフランシスコの認知コンピューティングハブ「Watson West」で開催したイベントで、人間と様々なテーマのディベートを行う新AIシステム「Project Debater」(以下、「Debater」)を披露した。 ディベートとは、その場で与えられたテーマについて肯定側と否定側に分かれて討論し、観客にどちらの主張に説得力があったかを判断させる競技。Debaterは2人のプロのディベーターと競い、1人を大差で負かした。

まず、イスラエルの2016年度のディベートチャンピオン、ノア・オバディア氏と「政府支援の宇宙探査を実施すべきか否か」というテーマでディベートした。Debaterは肯定側、オバディア氏が否定側になり、それぞれ4分ずつの主張の後、互いに反論した。その結果、大多数の聴衆がDebaterの主張を支持した。もう1人のプロのディベーター、ダン・ザフリル氏とは「遠隔医療の利用を増やすべきか否か」で討論した(その結果については公式ブログには明記されていない)。

Project Debaterの公式サイトによると、同社が今このAIシステムを開発する理由について、現代が(虚偽の)情報があふれる時代だからという。「一方的で改ざんされた話が社会やわれわれのプラットフォームに挑んでいる。AIの言語と推論の新たな開発は、ゆがんだ事実の暗闇を照らし、多様な情報に基づく視点を人間に提供するのに役立つ」としている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月29日 09:40 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp