韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓米同盟・韓日関係が切れたら韓国は吹き飛ばされる

韓米同盟・韓日関係が切れたら韓国は吹き飛ばされる

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は先日、「一部の専門家たちが朝米会談の結果を低く評価するのは、民心の評価とかけ離れている」とクギを刺した。恐ろしいほどの民心が動員されれば、一部の専門家たちは自己検閲をするようになってしまうだろう。このため、「全世界の人々が戦争の脅威、核の脅威、長距離ミサイルの脅威から逃れられるようにした」と言えば良く評価され、「核廃棄は行われず、対北朝鮮制裁は解かれ始めた。韓米同盟も揺らぐようになった。北朝鮮の世襲独裁政権と米国の選挙政権が競り合えば、時間は北朝鮮の味方に付く。北朝鮮は時間を引き延ばして核保有国の地位を得ることになるだろう。核廃棄ではなく核軍縮会談に変わるだろう」と見通せば危うくなる。

状況を楽観的に見なければ「守旧冷戦勢力」「平和の足を引っ張る」と攻撃されてしまう世の中になったが、勇気を出して文大統領に紙上で質問をしようと思う。米朝会談直後、トランプ大統領の口から「金ばかりかかって挑発的な戦争ゲームである韓米合同軍事演習の中止」という言葉が出てきたのにもかかわらず、文大統領は「熱い心で祝い、歓迎する」と述べた。このような重大発表に対して全く相談がなかった。事前に知ることもできなかった。それなのに、支持者たちの表現を使うと「百万ドルの笑顔」を浮かべていたとしたら、韓米合同軍事演習中止は文大統領が内心望んでいたことだったのだろうか。これまでは保守世論の反発を意識し、こうした心の内を見せてこなかったのだろうか。


今の情勢は、現政権の利益とは合致しているかもしれないが、永続していかなければならない韓国にとっては友好的なものではない。トランプ大統領が世襲の独裁者・金正恩委員長を「頭が良くて祖国を非常に大切にする指導者」と言ったのだから、非核化に対して意見の違いがあったとしても、対北朝鮮制裁の大儀名分は既に消え去った。トランプ大統領は北朝鮮の不動産投資でひともうけ狙っているのかもしれない。金正恩委員長は今回また中国の習近平国家主席と会い、「1つの家族のようになった」とアピールした。日本も北朝鮮のご機嫌を取ろうとしている。では、韓国はどのような立ち位置に立つことになるのだろうか。

脱北した黄長ヨプ(ファン・ジャンヨプ)元朝鮮労働党書記は生前、「金日成(キム・イルソン)主席は韓国のことを両班(官僚階級)がかぶっていた帽子に例えた」と話していた。帽子を結びつける2本のひもは韓米同盟と韓日友好関係だ。帽子のひもを切ってしまったら、韓国という帽子はたちまち風で吹き飛ばされるだろうという意味だ。
http://www.chosunonline.com/

日本が日韓関係を良くなると答えた人は5%という調査結果もある。日本人の対韓国民感情が低り理由は、韓国は日韓合意は守らない、いつまでも大使館前とかアメリカの地方都市に慰安婦像を作ったり、通貨スワップは要らないと言ったのに苦しくなったら貸してよと言ってくる。日本は信頼できる正直なとこが好きなのに韓国は信頼できないわけで、過去を見ても約束はすぐ破る。語筒香国だ。友好関係構築の根本的問題は嫌韓ではなくやはり反日だ。その自覚が韓国人にはない。慰安婦問題はマスコミの報道にも問題があるのではとの指摘があるが、それ以前の問題だろうと思うが…。いつまでも日本統治の事をネタにして、助けても恩をあざで返す国では、日韓の将来は見えてこない。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月01日 08:54 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp