韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  アップルVSサムスン訴訟、7年越しにようやく和解。条件は明らかにせず

アップルVSサムスン訴訟、7年越しにようやく和解。条件は明らかにせず

アップルとサムスンのスマートフォン特許を巡る訴訟につき、カリフォルニア州の米連邦地裁にて両者の和解が成立したことが報じられています。両社の訴訟は、実に7年越しに決着。和解の条件は明らかにされていませんが、2018年5月時点での同地裁での判決のままとすれば、サムスンはアップルに約1億4千万ドル(約150億円)を追加で支払うことになります。2011年に始まった両社の法廷闘争は、様々な訴訟を経た末に「サムスンがアップルの意匠権(デザイン特許)を侵害している」点については決定していたものの、具体的な賠償金額について同意にいたらず。一度はサムスンが3億9900万ドルの賠償金を支払ったものの、米最高裁で判決が覆り、地裁に差し戻されていました。

カリフォルニア地裁にて、アップルは10億7000万ドルを求めたのに対して、サムスンは2800万ドルへの減額を主張。両社の大きな金額の開きは、つまるところ特許侵害が「製品の一部にすぎない」(サムスン)か、「製品全体、つまりスマートフォン売上全体に及ぶ」(アップル)という主張の違いに起因しています。そして同地裁でのサムスンに対する約5億3900万ドルもの支払い命令(今年5月時点での判決)は、両社の主張の間を取ったとはいえ巨額であることに違いはなく、スマートフォンにおけるデザインの重要性が認められたもの。ヒット製品にデザイン的なフォロワーが現れやすいスマホ市場に大きなインパクトを与えると見られていました。


今回の和解の条件について、アップルの広報担当はコメントを拒否したとのこと。ただし「デザインについて深く憂慮している」とした上で「この訴訟は、常に金銭以上の意味を持っていた」と述べています。なお、サムスン広報はノーコメント。

アップルとサムスン、スマートフォン市場で大きなシェアと売上を誇る両社にとって、今回の訴訟は金額的には大きな意味を持たないはず。それに長年に渡って多額の訴訟費用も掛かっており、どちらが得をしたとも言えないでしょう。とはいえ、一概に「不毛な争いだった」とはいえないとの声もあり。米ビラノバ大学のMichael Risch法学教授は、2012年にアップルが10億ドル超の賠償判決により広報的な勝利を得た一方で、サムスンも訴訟を通じて米国内でのスマートフォン販売差し止めを回避できた(2012年以前のモデルについて販売禁止判決が出たことも)と指摘しています。
http://news.livedoor.com/

この裁判は2011年、サムスンのスマホとタブレットがアップル製品を「そのまま」模倣しているとしてアップルがサムスンを提訴したことから始まった。2012年にはサムスンの賠償責任が認定されたが、サムスンは賠償額を巡ってアップルと対立、再審が行われていた。サンノゼの連邦地裁陪審は今年5月、サムスンに5億3900万ドルの支払いを命じた。この陪審評決が控訴審で支持される場合、サムスンは追加で1億4000万ドル近くを支払うことになる。 アップルの広報担当者は和解条件に関するコメントを差し控えたが、「意匠権に深く留意している」とし、「今回の訴訟は常に、金銭問題より重要だった」と述べた。サムスンからのコメントは得られていない。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月01日 09:11 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp