韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の輸出1カ月ぶりにマイナス…上半期累積は過去最大

韓国の輸出1カ月ぶりにマイナス…上半期累積は過去最大

韓国の輸出が1カ月ぶりに再びマイナスに転じた。産業通商資源部が1日に明らかにしたところによると、6月の輸出は前年同期比0.09%減少の512億3000万ドルと集計された。

3月まで17カ月連続で増加傾向を持続してきた輸出は4月に減少し、5月には増加に転じたが、再び減少となった。輸入は10.7%増の449億1000万ドルだった。貿易収支は63億2000万ドルの黒字で、77カ月にわたり黒字を継続した。

ただ金額自体は初めて4カ月連続500億ドルを超える輸出記録を立てた。こうした点から産業通商資源部は傾向的に上昇が途切れたのではないと判断した。産業通商資源部関係者は「地方選挙などにより操業日数が1.5日減少し、昨年6月の大規模船舶輸出の反動効果もあった」と説明した。

上半期の累積輸出は前年同期比6.6%増の2975億ドルで過去最大を記録した。上半期の1日平均輸出も7.4%増の22億4000億ドルで統計作成開始以降で最も多かった。
http://japanese.joins.com/


輸出好調のおかげで1年以上巡航していた経済が貿易戦争、ドル急落、金利引き上げの「トリプル悪材」で足踏み状態だ。輸出が17カ月にわたり増加傾向を継続したが、今年1~3月期の上場企業営業利益は過去最大と推定されるが、米国と中国間の貿易戦争による直接的・間接的打撃と米国のウォンの切り上げ圧力、急上昇する市中金利などを考慮すると一瞬にして景気回復動向が折れる可能性がある。 韓国経済を牽引してきた核心成長動力である輸出が危険な状況でまた別の軸の内需は依然として回復が進まず、昨年かろうじて3%台の経済成長率であったが数値ならべの成長率には裏が多い。

輸出は2016年10月に増加に転じた後、先月まで1年5カ月連続でプラス成長を継続した。半導体や石油化学などが牽引する輸出好調に力づけられ企業は過去最大の業績を出しながらこれを基に投資と生産を増やしてきたが、最近米国と中国の貿易戦争が本格化し、輸出依存度が高い韓国経済には厳しい状況になった。半導体など中間財輸出の減少が避けられないためだ。貿易戦争が拡大し世界の貿易まで萎縮すれば産業被害は広範囲に広がる可能性が高い。またあまり報じられないが、半導体在庫は増えるばかりで、予想に反し自国半導体製造数は減少している。中国は在庫処理に失敗し、予定が伸びたが、韓国も中国の予定減少のあおりで、在庫増加の一途では、後のツケが大きいのでは困りごとだが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月01日 16:17 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp