韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日産GT-Rとイタルデザインが誕生50周年を記念したコラボモデルを発表

日産GT-Rとイタルデザインが誕生50周年を記念したコラボモデルを発表

日産自動車は、国内外の自動車デザインを手がけるイタルデザインと共同開発したプロトタイプ「Nissan GT-R50 by Italdesign」を公開した。これはGT-Rとイタルデザインがともに50周年を迎えることを記念した、特別な1台。ベースとなっているのは、2018年モデルのGT-R NISMOだ。

何の制約もなくGT-Rを作ったらどうなるのか? その長年の願いを叶えるモデルが今回のNissan GT-R50 by Italdesignだ。イタルデザインは開発/設計/製造を担当。内外装のデザインは日産デザインヨーロッパと日産デザインアメリカが担当した。 フロントは、車両の幅目いっぱいにゴールドパネルを採用。市販モデルとは異なる、シャープなデザインのLEDヘッドライトが与えられている。

サイドビューは、ベースよりも54mm低くしたルールラインが特徴的。ルーフセンターが少し低くなり、抑揚のあるデザインとなっている。リヤは特徴的なウイングがまず目を引く。ゴールドを全面的に配置し、強烈な印象を与える。GT-Rの象徴とも言える丸テールは、空洞を囲む細いリングのようなデザイン。以前東京モーターショーで発表したコンセプトモデル「NISSAN CONCEPT 2020 Vision Gran Turismo」にも似た雰囲気だ。21インチの専用デザインホイールを装着し、堂々としたエクステリアに仕立てられた。

スポンサードリンク
インテリアはベースとなった2018年モデルの雰囲気も残しつつ、センターコンソール/インストパネル/ドア内張りに2種類のカーボンを採用。シートは黒のアルカンターラとイタリア製レザーを使用している。エクステリア同様、スイッチ類にもゴールドがあしらわれた。パワートレインも抜かりはない。手作業で組み立てられたVR38エンジンは、最高出力720馬力、最大トルク780N・mまで高められている。
http://news.livedoor.com/

2017年モデルからは、ブーストアップとともに、GT-R NISMOからのフィードバックである気筒別点火時期制御を導入。ブーストアップは、出力・トルクを向上させることができる一方で、ノッキングを発生させるため、点火時期を遅らせることにもなる。これは排気温度の上昇につながり、温度上昇を抑えるために燃料を多く噴射することとなり、結果として高負荷領域での燃費性能が悪化してしまう。そこで気筒別に点火時期を制御し、最適な点火時期とすることでノッキングの発生を抑えつつ、気筒ごとに異なっていた燃焼圧力をすべての気筒で最大化。燃費を損なうことなく、出力・トルクの向上を実現した。最高出力は419kW(570PS)、最大トルクは637N・m(65.0kgf・m)、燃費はJC08モードで8.8km/L(GT-R Premium editionを除く)へと向上。その結果、高速域での気持ちのよい伸びとともに、日常多用する追い越しシーンなどの中間加速もアップし、アクセルの“ツキ”やパワー感も向上。GT-Rが目指す「洗練された乗り味」と「速さ」にさらなる磨きをかけた。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月02日 08:54 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp