韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  アシアナ航空、二日連続の機内食大乱

アシアナ航空、二日連続の機内食大乱

1日に始まったアシアナ航空の機内食供給支障にともなう出発遅延事態が2日にも続いた。この日も機内食を載せることができず、飛行機の出発が遅れ、一部の航空機は機内食がない状態で離陸する状況が続出した。乗客は、長くて3~5時間も到着が遅れ、乗り継ぎ便への搭乗に困難をきたしたり、乗務員は相次ぐ乗客の抗議に耐えながら“空腹”労働を強いられているとし、安全問題も提起されている。そして今回の機内食供給不足事態が、当分継続する可能性があるという憂慮も提起されている。

2日、アシアナ航空によれば、この日午後5時基準で国際線18便が1時間以上遅れて出発し、16便は機内食がまったくないか不足した状態で運航された。機内食の供給不足事態が始まった1日には、国際線86便のうち53便が遅延離陸し、38便には機内食が載せられなかった。空港統計に把握されない1時間未満の遅延まで含めれば、出発が遅延した旅客機はさらに多い。一度航空機の運航が遅れれば、後の便もずるずると遅れざるをえず、遅延事態はしばらく続く見込みだ。

仁川空港などでは、飛行機の出発遅延理由や時間をまともに案内されなかった乗客の抗議が続いている。ハワイに新婚旅行に出発するために1日深夜、飛行機搭乗を待っていたある乗客は「アシアナ航空が空港食堂で食事をしてくれとして、一人当たり1万ウォンの食事クーポンをくれたが、時間が遅くて空港食堂はすべて閉店していた」として「結局、お腹を空かした状態で飛行機に乗った」と話した。


同じ日ドイツのフランクフルトに向かった飛行機には、2回目の食事が一部載せられず、間食用に準備されたサンドイッチとラーメンが慌ただしく提供された。この他にも多くの航空機で、アシアナ航空が食事の代わりに提供した30~50ドル相当のクーポン(TCV)を機内免税品の購買に使おうとする乗客が相次いで、飛行中も混雑が続いた。

さらに大きな問題は、こうした状況を乗務員など現場の労働者がすべて抱え込んでいることだ。1日、機内食が不足した旅客機で仕事をした乗務員は「乗客に食事を一つでも多く提供するために、乗務員の機内食はなく、何も食べずに免税品を販売したりラーメンを作った」として「乗客の安全を最優先にしなければならない乗務員を空腹のまま働かせることは、飛行の安全に良くない」と話した。
http://japan.hani.co.kr/

アシアナ航空の機内食問題の直接の原因は、同航空と契約を結んだ企業が時間通りに機内食を配送できなかったためだ。アシアナ航空は、中国の海南グループ系列のゲートグルメ・スイスと4対6の持ち株比率でゲートグルメ・コリア(GGK)を設立し、今年7月から30年にわたりGGKから機内食を調達している。しかし今年3月、建設中だったGGKの新工場で火災が発生した。これにより7月からの機内食供給に支障が出ると、アシアナ航空は急きょ中小企業のシャープ DO&COから機内食を調達することを決め、3か月の短期契約を結んだ。企業信用評価会社の情報によると、シャープDO&COは16年に設立された中小企業で、社員数は63人。17年の売り上げは70億ウォン(約7億円)で、アシアナ航空の以前の機内食調達先だったLSGの売り上げ(1889億ウォン=約189億円)の4%にも満たない。ところが、売り上げ基準で国内49位の中小企業に2万5000人分の機内食を任せたというから驚きだ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月03日 09:04 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp