韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国行き選んだ韓国の企業・技術者を責められるだろうか

中国行き選んだ韓国の企業・技術者を責められるだろうか

中国ファーウェイが3月に発売したスマートフォン「P20プロ」には世界で初めて「トリプルカメラ」(背面)が搭載された。ほぼ同じ時期に発売したサムスン電子の「ギャラクシーS9」は総点では「最も優秀」という評価を受けたが、カメラ部門ではP20プロに押された。「低価格に比べ使える」というイメージの中国スマートフォンが世界1位のプレミアムスマートフォンよりカメラの性能が良いという評価を受けた。軽くやり過ごせることではない。

本音を覗いて見るとさらに苦々しくなる。この技術は韓国の中小企業が開発した。それなのになぜ中国に行ったのだろうか。韓国国内から投資を受けられないためだ。苦心の末に訪ねたファーウェイは技術を紹介する席ですぐに契約書を差し出した。このように世界初のトリプルカメラは中国ブランドを付けることになった。

韓国が「世界最高」である分野は多くない。半導体、スマートフォン、ディスプレーなど指折り数えるほどだ。ところがこれら分野の人材と企業がこのところ相次いで中国に行っている。半導体の場合、業界従事者には現在の年俸の5倍以上を、企業には工場設立や研究開発費などすべての資金支援を提案する。しかも世界で最大の消費市場の上に成長の可能性も大きい。


だが単にこれだけだろうか。中国は合弁を提案しながら51対49の比率の条件を付ける。いつでも経営権を奪われかねない構造だ。高い年俸を提案するが労働契約を5年単位でする。それさえも満了する前に解雇されたという話も聞こえる。 これらが中国行きを選択する根本的な理由は韓国の産業生態系にある。先月27日に中国・上海で開かれた「モバイルワールドコングレス(MWC)上海2018」に参加した67社の韓国中小企業(スタートアップ)の中からも中国の投資を受けたところは少なくなかった。2社はすでに中国企業との合弁を進めている。これら企業の共通点は韓国で投資誘致に成功できなかったということだ。
http://japanese.joins.com/

中国が韓国から半導体技術を窃取する手段はますます巧妙になり、企業合併や人材の引き抜きだけでなく、プライベートファンドなどを通じた投資が活発になっている。中国から投資を受けた韓国の半導体企業は、中国に半導体生産に必要なウエハーを提供するだけでなく、ウエハーの後工程も認めさせられ、製品は中国製として出荷されることになる。 またプライベートファンドの投資は、対象が上場企業でなければ非公開の形式で行われる。金融業界の消息筋は、こうしたプライベートファンドの投資は資金源が追跡しにくく、中国の半導体自給率も実態とは異なると指摘する。中国は投資を通じて韓国の半導体企業の事業全体を掌握し、その技術を奪い去っていると消息筋は話している。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月03日 09:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp