韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  世界で最も労働時間が長い国はメキシコ、韓国3位

世界で最も労働時間が長い国はメキシコ、韓国3位

今年7月から社員300人以上の企業や公共機関で施行することになっていた「週52時間勤務」は、細かい規定が定まらず、取り締まりや処罰を行わない6カ月間の試行期間を設けることが決まった。

経済協力開発機構(OECD)加盟国基準で2016年に韓国の1人当たりの年平均労働時間は2069時間だった。OECD加盟国の平均である1763時間に比べ306時間多く、休日を除くと毎日最低1時間以上残業していることになる。

年間労働時間が最も多い国は2255時間で、メキシコが1位だった。2位はコスタリカで2212時間、韓国が2069時間で3位に入った。以下、ギリシャが2035時間、ロシアが1974時間でそれぞれ4位、5位にランクインした。日本は1713時間、米国は1783時間、英国は1676時間だった。

反対に労働時間が最も短かったのは年平均1363時間のドイツ。そのほかデンマークが1410時間、ノルウェーが1421時間、オランダが1430時間、フランスが1472時間、スイスが1590時間で労働時間が短いことが分かった。
http://life.chosunonline.com/

スポンサードリンク
韓国全土の従業員300人以上の企業約3600社で「週52時間勤務」が本格的にスタートした。大きな混乱はなかったが、現場からは「休憩時間にたばこを吸ったが、労働時間から除外されるのか」「取引先の人と昼食を取ったが、労働時間に含まれるのか」といった質問が相次いだ。雇用労働部(省に相当)は「労働者と企業が早期に適応できるように不備な点の補完を急ぎたい」と説明したという。

会社員の昼食時間にも余裕がなくなった。以前は昼食をゆっくりとっても構わない雰囲気だったが、2日からは「昼食時間は1時間」という原則を守ろうと足取りも速まった。社員食堂も普段より混み合うところが見られた。現場で1日8時間勤務を守ろうとした結果、「仕事が終わらずに自宅に持ち帰るしかない」という不満も聞かれた。退勤後も自宅で電話やメッセンジャーなどで指示を受けている会社員は「むしろ52時間勤務で損した感じだ」と話した。大企業の広報担当課長は「家に帰っても働かなければならず、退勤した感じがしない。むしろ以前のように夜に会社で働き、手当をもらった方がよい気がした」と漏らしたとの事。

日本もあまり言えたものでは無いが、働き方改革とはいえ、働き方における方法教育のほうが重要なようだが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月03日 16:07 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp