韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国の労働時間短縮…月給減で深夜まで副業

韓国の労働時間短縮…月給減で深夜まで副業

「疲れていても他に方法がない。新婚で暮らしはぎりぎりだし、生活費の足しにするために運転代行の仕事を頑張らないといけない」 「週52時間勤務」が本格的にスタートした2日午後9時、ソウル市城東区で会ったキムさん(34)の目は真っ赤に充血していた。キムさんは午前8時にプラスチック生産工場に出勤し、午後8時に退勤、休む間もなく「第2の職場」に出勤したところだった。

キムさんの仕事は、運転代行の「随伴車」の運転だ。運転代行のドライバーが酒に酔った客の車を運転する際、キムさんはその後ろを随伴車でついていく。そして目的地までの運転を終えた代行ドライバーを次の地点まで乗せていくのがキムさんの仕事だ。キムさんは今年4月から随伴車の運転の仕事を始めた。2013年から勤務している工場は、週52時間勤務の導入に伴い、それまでの2組2交代勤務が4月から3組2交代勤務に変わった。キムさんの労働時間は週72時間から52時間に減少した。

労働時間の減少に伴い、330万ウォン(約33万円)だった月給が100万ウォン(約10万円)近く減った。予想もできなかったことだった。キムさんは「結婚してまだ6か月の新婚夫婦なので、子どもを持つためにはわずかなお金も無駄にできない」として「会社が社内規定で副業を禁止しているため、所得申告の必要がない随伴車運転の仕事を始めた」と話した。運転代行のドライバーは会社に登録しなければならないが、随伴車のドライバーは登録する必要がない。キムさんは「同僚たちが、月給が減った分を運転代行の仕事で補っていると聞き、運転代行ドライバー用のネットのコミュニティーサイトに仕事を探していると書き込んだ」と話した。


記者はこの日午後9時から深夜1時までキムさんの車に同乗した。この日、キムさんとペアを組んだ代行ドライバー(客車運転)は50代のチェさん。運転代行ドライバー用のコミュニティーサイトでペアが成立した。 キムさんはこの日、ソウル・江南から京畿道河南市まで運転し、代行ドライバーを乗せて戻った。台風の影響で豪雨が降り注いでいたが、スピードメーターは時速100キロを指していた。助手席に乗った記者の手は汗で湿ってきた。キムさんは「客車よりも先に目的地に到着していれば、代行ドライバーが呼び出しコールに反応できるのですぐに次の客の所に向かうことができる」と話した。スピードの出し過ぎで事故を起こすケースもある。キムさんは「接触事故を起こせば1日の日当が台無しになる」と話した。
http://www.chosunonline.com/

2018年6月20日、韓国の李洛淵首相は、政府与党協議会の席で「労働時間短縮政策を軟着陸させるために産業界の意向を受け入れて6カ月、取り締まりや処罰を猶予する」とし。一律で週52時間労働時間となった。問題の、労働時間短縮政策とは、文在寅政権で、経済政の目玉に、勤労者の待遇改善を掲げている。その1つが、「世界でも最長」と言われる労働時間の短縮政策となる。「労働(韓国では勤労)基準法改正」案が2018年3月に国会を通過し、7月1日付で施行された。

今までは、1週間を「月曜日から金曜日の週5日間」で計算する。これに該当しない週末は、「別途計算」という基準となる。 週末に、それぞれ1日8時間、2日間で合わせて最長16時間まで「休日労働」することを認めていたため、実際には「52時間+16時間=68時間」までの労働が可能だったが、休日は別計算という不思議な基準だった。 改正された法律には「1週間とは、休日を含む7日間のことである」という条項が追加になった。これによって、「週末、休日は例外」という規定がなくなった。労使の意向にかかわらず一律で「週52時間労働」という制限がついたほか、「対象例外」がほとんどなくなった。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月04日 08:24 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp