韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  「AWD+水平対向エンジン」というスバルの個性、いつまで発揮できる?

「AWD+水平対向エンジン」というスバルの個性、いつまで発揮できる?

SUBARU(スバル)は、新型スポーツ多目的車(SUV)「フォレスター」に搭載した新開発のハイブリッドシステム「e―BOXER(ボクサー)」の採用を他の主力車に広げる。全面改良や一部改良のタイミングに合わせた投入を検討する。同システムは水平対向直噴エンジンを電動モーターがアシストし、力強い加速を実現したのが特徴。商品の選択肢を広げ、スバル車の販売拡大につなげる。

国内ではe―ボクサーをフォレスターの4グレードの一つに採用、9月に発売する。海外では中国や欧州などに投入する計画。スバルは2016年に発売した新型「インプレッサ」から新しい共通車台の採用を始めており、大幅な設計変更なしに搭載できる。主力SUV「XV」などに採用するとみられる。 e―ボクサーは一般的なハイブリッドシステムと異なり、走行性能の向上を最も重視した。旧システムと同じ仕様の小型電動モーターを使いつつ、電圧101ボルトのニッケル水素電池から同118ボルトのリチウムイオン電池(LIB)に切り替えた。出力が高まったことで、アクセルを踏み込んだ直後から力強く加速できる。

ブレーキ時の減速エネルギーをLIBに充電する。燃費性能は1リットル当たり18・6キロメートル。新型フォレスターの6月18日までの国内受注のうち約4割がe―ボクサー搭載車だった。 スバルはトヨタ自動車の技術支援を受けて13年に同社初のハイブリッド車(HV)「XVハイブリッド」を、15年には「インプレッサスポーツハイブリッド」を発売したが現在は販売を終了している。


米カリフォルニア州のゼロエミッション車(ZEV)規制の強化に対応するため、年内に米国で「XV」のプラグインハイブリッド車(PHV)を発売。21年には電気自動車(EV)を投入する計画がある。
https://newswitch.jp/

水平対向エンジン[SUBARU BOXER]は、SUBARUが考える理想のパワーユニット。クランクシャフトを中心に水平かつ左右対称に配置されたピストンが、互いの慣性力を打ち消し合うことで、振動の少ないスムーズなエンジンフィールを提供。このスムーズな回転はアクセルワークに忠実なレスポンスも実現し、あらゆるシーンで気持ち良くスポーティなドライビングを愉しめる。 また水平対向エンジンは、直列やV型といった他のエンジン形式よりもエンジン全高が低く、低重心であることに加え、軽量かつコンパクトに設計できる。このアドバンテージは、高い走行安定性とハンドリング性能を約束。「ドライバーが思い通りに、心から安心して走りを愉しめる」というSUBARUの理想を叶える。

原点は、SUBARUの前身である航空機メーカーのDNAにある。航空機の場合、判断や操作のちょっとしたミスが大事故につながる。そのため、操る人が常に状況を正確に把握でき、的確な操作を行えるよう、徹底的に“人を中心にした”設計が求められる。その他にも、最高の性能の追求、凝縮された無駄のないパッケージングなど、その開発思想はSUBARUのあらゆる技術とクルマに活かされる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月04日 08:55 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp