韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国のスーパーコンピュータは世界11位…日本は?

韓国のスーパーコンピュータは世界11位…日本は?

世界スーパーコンピュータ(スパコン)戦争が熾烈を極める中、米国が5年ぶりに中国スーパーコンピュータを抜いて1位に返り咲いた。

国際スーパーコンピュータ学会(ISC)は先月25日、ドイツ・フランクフルトで開かれた「2018国際スーパーコンピュータ学術大会(ISC High Performance 2018)」で米国エネルギー省オークリッジ国立研究所の「サミット(summit)」が世界最高性能のスーパーコンピュータだと発表した。

サミットは1秒に12京2000兆回の演算ができる実行性能122.3ペタフロップス(Pflops)で1位に君臨した。昨年の発表まで1位を占めていた中国の「神威・太湖之光」(93Pflops)に比べて2倍以上の演算速度を誇る。韓国の「ヌリオン」は11位で史上最高の成績を、日本の「AI橋渡しクラウド(ABCI)」は5位という成績を収めた。

スーパーコンピュータ最多保有国は中国が占めた。中国はTop 500のうち206台で全体41.2%を占め、米国は124台(24.8%)で2位を記録した。続いて日本36台、英国22台、ドイツ21台となっている。
http://japanese.joins.com/


スーパーコンピューターの計算速度の世界ランキング「TOP500」が昨年11月に発表され、日本のベンチャー企業が開発した海洋研究開発機構の「暁光)」が4位に躍り出た。日本のスパコンが5位以内に入るのは理化学研究所の「京(けい)」(神戸)以来で1年半ぶりとなる。暁光はペジーコンピューティング(東京)などが独自開発したもので、海洋機構横浜研究所に設置。計算速度は京の約1.8倍の毎秒約1.9京(京は兆の1万倍)回で、今年6月に発表された前回ランクの69位から躍進した。

当初は3位を目指していたが、部材調達の遅れなどで半分程度の性能にとどまった。今後も装置を拡張する予定で、斉藤元章社長は「来年11月に世界トップを目指す」としている。 上位3機は前回と同じで中国が10連覇を達成。日本はほかに東大・筑波大の「オークフォレスト・パックス」が9位、京が10位で、いずれもランクを2つ落とした。今年は現在の首位の約2倍に当たる毎秒20京回近い性能が見込まれる米オークリッジ国立研究所の「サミット」が登場するほか、中国などが複数の10京クラスを計画しており、番付は大きく変わるとみられる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月04日 09:00 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp