韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の外貨準備高 初めて4千億ドル突破

韓国の外貨準備高 初めて4千億ドル突破

韓国銀行(中央銀行)が4日に発表した6月末の外貨準備高は4003億ドル(約44兆3500億円)で、前月に比べ13億2000万ドル増加し、4カ月連続で過去最高を更新した。 韓国の外貨準備高が4000億ドルを超えたのは初めて。 1997年末にアジア通貨危機が発生した際に韓国は外貨準備高が不足し、国際通貨基金(IMF)から資金支援を受けなければならなかった。当時の韓国の外貨準備高は39億ドルだった。

2001年9月には1000億ドル、2005年2月に2000億ドル、2011年4月に3000億ドルを超え、3000億ドル突破から約7年2カ月で4000億ドルを超えた。97年末から100倍以上増えたことになる。 韓国銀行関係者によると、IMFは経済規模などに基づき国ごとの外貨準備高の基準を設けているが、4000億ドルは適正な水準に含まれているという。 韓国の外貨準備高は5月末時点で世界9番目の規模だ。中国が3兆1106億ドルで最も多く、次いで日本(1兆2545億ドル)が多かった。

項目別では、有価証券が3679億1000万ドルで、前月末より15億6000万ドル増加した。預金は224億2000万ドルで5億ドル減少した。国際通貨基金(IMF)特別引き出し権(SDR)は8000万ドル減の32億6000万ドル、IMFリザーブポジションは3億3000万ドル増の19億1000万ドルだった。金保有は47億9000万ドルで、2013年2月から変動がない。
http://www.chosunonline.com/


外貨準備高は自国通貨防衛のため。ウォン安を防止するために、ウォン買い、ドル売りを行うため、ドルを保有する必要がある。そのため、ドルを借金して購入しておく。ドルを購入後、運用するために、主に米国債を購入する。このため、金利分外貨準備高が増える。また、金利がさがると、米国債の価値が上がる為、保有米国債の価値が上がり、外貨準備高が上がる。メリットは、輸入する際に信用が上がる一方で、デメリットは、ドルの価値がさがると、借金負担が増加する。

聯合ニュースは、米ドル安でユーロや円などドル以外の外貨建て資産のドル換算額が増えたことが外貨準備高の増加につながったと報じている。 項目別では、有価証券が3630億8000万ドルで21億4000万ドル減少した。預金は238億2000万ドルで40億9000万ドル増加。国際通貨基金(IMF)特別引き出し権(SDR)は1000万ドル増の34億3000万ドル、IMFリザーブポジションは16億3000万ドルで変動がなかった。金保有は2013年2月から変動がなく、47億9000万ドルとなっている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月04日 09:28 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp