韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  スバル、民間ヘリ再参入の勝算

スバル、民間ヘリ再参入の勝算

SUBARU(スバル)は、米ベル・ヘリコプター・テキストロンと国際共同開発を進めている民間機「412EPI発展型機」の受注に近く乗り出す。陸上自衛隊向けの新型多用途ヘリコプター「UH―X」の民間転用機で、民間向けと陸自向け各150機、合計300機の量産を計画する。2021年度から順次納入する見通し。航空機事業で民間向け完成機の受注を始めるのは23年ぶり。宇都宮製作所(宇都宮市)に複合材ローターブレード工場を設置するなど18―19年度にかけて設備投資を進める。

スバルとベルは約3年間にわたり共同開発を進め、このほど受注開始に向けた各種試験をほぼ終えた。陸自向けは18年度内に試験機を納入する見通し。民間向けは「ベル・SUBARU」を冠した統一ブランドとし、世界市場で販売。欧米はベルが、日本を含むアジア市場はスバルが主に担当する。海外でのMRO(修理・整備)については、ベルのシンガポール拠点などを活用する方向だ。 スバルは「412EPI発展型機」の販売を見据え、宇都宮製作所・南工場内に整備工場を完成し、今後、多用途ヘリコプターの整備能力を従来比約3割増の年間130機に引き上げる計画。複合材ローターブレードやトランスミッション用設備などを拡充し、量産に備える。

スポンサードリンク
個別の設備投資額は明らかにしていないが18―19年度にかけて航空宇宙事業全体で年間100億円超の高水準が続く見込み。今後、自動車生産のノウハウを織り込んだ独自の「スバル・エアロスペース・プロダクション・システム(SAPS)」を18年度から導入し、生産性を高める。
http://news.livedoor.com/

スバルは今年1月、宇都宮製作所(宇都宮市)の南工場内に、航空機の整備工場(写真)を完成したと発表している。陸上自衛隊向けの新型多用途ヘリコプター「UH―X」や民間機「412EPI発展型機」用の整備工場となる。新工場の建設により、整備能力を従来比で約3割増の年間130機に引き上げる計画だ。 新工場の建築面積は約3700平方メートル、投資額は明らかにしていない。今後、新型機の整備需要が拡大することから、工場の増設を決めている。 南工場では現行の多用途ヘリコプター「UH―1J」をはじめとする陸・海・空自衛隊向けの航空機や、海上保安庁、消防向けヘリコプターなど、年間100機の定期整備や修理改造を行っている。

スバルでは民間転用機「412EPI発展型機」を東南アジアなどで拡販する考えをもっている。海外の民間ヘリコプター市場は欧米が中心だが、東南アジアに潜在需要があると見ているようだ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月06日 09:04 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp