韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  米国でやり玉に上がるファーウェイ、日本のあの企業にしわ寄せか

米国でやり玉に上がるファーウェイ、日本のあの企業にしわ寄せか

2018年7月6日、米華字メディアの多維新聞は、中国ファーウェイと協力関係にあるソフトバンクについて、傘下企業の合併計画が調査を受ける可能性があると伝えた。 記事は、米ブルームバーグ通信の報道を引用。それによると、「ソフトバンクグループ傘下の米国の携帯電話4位スプリントと、同3位のTモバイルUSの合併計画をめぐり、米議会が安全保障上の脅威にならないか調査をするよう求めている」という。記事は「ソフトバンクが中国の通信技術企業ファーウェイと協力関係にあることを一部の米国議員が問題視しているためだ」と伝えた。

記事は、「スプリントとTモバイルUSの合併には、対米外国投資委員会(CFIUS)の承認が必要だが、米国の下院議員らは、CFIUSがこの2社の合併について安全保障面での調査を行うよう求めている」と報道。「ソフトバンクは、スプリントとTモバイルUSが合併した際に27%の株式を保有し、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が、合併した企業の取締役に就任する予定だ」と紹介した。 また記事は、「ソフトバンクは、次世代通信規格『5G』の実証実験などの方面でファーウェイと協力関係にあり、米国の議員らはCFIUSに対し、米国の技術が中国へ流れるリスクについて厳格に審査をするよう要求している。米議会は、中国企業による投資などを制限するため、CFIUSの権限を強化する法案を現在審議している」と伝えた。
https://www.recordchina.co.jp/


米ブルームバーグ通信は3日、ソフトバンクグループ傘下の米携帯電話4位スプリントと同3位のTモバイルUSの合併計画をめぐり、米議会で安全保障上の脅威にならないか調査を求める動きが出ていると報じている。ソフトバンクが中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)と協力関係にある事が理由だ。スプリントとTモバイルUSは4月、合併に合意。合併会社の株式はソフトバンクが約27%、TモバイルUSの親会社のドイツテレコムが約42%を保有する。

米国内では、次世代移動通信システム「5G」の主導権を中国に握られれば「経済・安全保障両面での脅威になる」との警戒感が強まり、ソフトバンクがファーウェイと5G技術で連携していることが問題となっている様だ。ソフトバンクグループの孫正義社長は6月下旬、トランプ大統領が出席した米中西部ウィスコンシン州での工場起工式に同行するなど関係を強化している。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月07日 08:43 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp