韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  米中貿易戦争、韓国の半導体・自動車に直撃弾

米中貿易戦争、韓国の半導体・自動車に直撃弾

米国と中国が貿易戦争の火ぶたを切り、韓国経済にも危機が迫っている。まず米中間の貿易戦争は1300余りの核心輸出品目を対象とするだけに両国ともに致命傷が避けられない。問題は年間1兆ドルにのぼるほど貿易依存度が高い韓国経済の被害が懸念されるという点だ。特に韓国は最大輸出市場の中国に対する中間財輸出比率が79%にのぼる。米国への輸出のために中国に素材・部品生産工場を置いている企業も多い。貿易紛争が激化するほど輸出は冷え込み、韓国が最大の被害者になるという見方が出ている。

韓国政府も米朝が貿易戦争に向かうと経済点検会議を開くなど緊急に動いた。白雲揆(ペク・ウンギュ)産業通商資源部長官は6日、ソウル韓国技術センターで米中貿易紛争関連の実物経済点検会議を開いた。白長官はこの席で「我々の第一、第二の輸出対象国の中国と米国の貿易紛争が激化し、輸出依存度が高い韓国経済の不確実性と輸出業界の懸念が強まっている」と述べた。しかし白長官は「今日から施行が予告された340億ドル規模の輸入に対する関税と追加の160億ドルの関税が課されても、短期的に韓国の輸出に及ぼす影響は制限的だとみる」と診断した。両国の衝突が韓国の輸出に及ぼす影響は直接的ではないと述べながらだ。

しかし貿易衝突を眺める業界は心配が多い。情報技術(IT)業界の関係者は「中国は韓国の中間財を輸入し、組み立てて加工した後、米国に輸出する」とし「中国に対する輸出量が減るのは明らか」と話した。業界の別の関係者は「中国に対する直接的な輸出量だけでなく、中国で輸出用として生産する製品も多く、米国の輸入関税がどうなるのか注視している」と語った。


韓国の半導体や素材・部品業界は中国に生産工場を置いているケースが多く、米国が中国産の半導体・素材などに関税を適用する場合、韓国の「う回輸出企業」が直接的な打撃を受けるということだ。 現代経済研究院のチュ・ウォン経済研究室長は「資本財のような間接輸出まで考慮すると、米中貿易戦争による韓国の対中国輸出額減少は282億6000万ドルにのぼるだろう」と分析した。このほかにも自動車・鉄鋼・船舶など主要輸出品目が貿易戦争の最も直接的な脅威を受けると分析された。

貿易の減少は輸出に依存する韓国などには大きな打撃となる。経済開発協力機構(OECD)などの分析によると、中国の輸入が10%減少する場合、韓国の経済成長率は1.6%ほど落ちる。昨年の韓国の成長率は約3%だった。台湾は韓国より衝撃が大きいと考えられる。3%ほど下落する。香港も1.8%ほど落ちる。しかし中国経済圏の台湾・香港を除くと、韓国ほど打撃が大きい国はマレーシア(2.2%)だけだ。
http://japanese.joins.com/

米中は互いに譲歩をしない貿易戦争を実施している。その余波は当然韓国に直撃となるる。昨日KOSPIは文在寅政権が発足した昨年5月10日以降の最低値2271.54まで落ち込んだ。外国人の株売りでウォンが急落し、為替相場もやはり1ドル=1120ウォン台までウォン安が進んだ。 米国が通商圧力を緩める兆しはない。トランプ大統領の指示により米商務省は5月末から外国製自動車が国家安保を阻害していないかを調査中だ。安保を脅かすと判断されれば乗用車に対する関税が現在の2.5%から最高で25%までと10倍に跳ね上がる。韓国車へのととどめ打ちとなる。

韓国政府の存在感はどれだけ見ても見つけるのが難しい。米国ではトランプ大統領が直接先頭に立ち、中国ではナンバー2の李克強首相が通商戦争を指揮している。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月07日 12:25 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp