韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  なぜ、日本の家は「タダでも誰も欲しがらない」のか?

なぜ、日本の家は「タダでも誰も欲しがらない」のか?

2018年7月4日、環球時報は、「なぜ、日本の家は『タダでも誰も欲しがらない』のか?」と題し、日本人の住宅に対する意識の変化について紹介する記事を掲載した。以下はその概要。 私(環球時報記者)が中国の友人らと連絡を取り合う際、最も話題になるのが家に関することだ。彼らは国内の住宅価格の値上がりを嘆き続けているが、日本では多くの家が「タダでも欲しがる人がいない」ほどの状況になっている。

日本では今、家を持つことへの考え方に大きな変化が生じており、多くの若者や中年世代は数十年ものローンを背負って家を買うことを「ばかげた行為」と考える。そして、私の日本人の友人は亡くなった両親が埼玉県に残した庭付き3階建ての家を引き継ぐことを拒否した。その原因は巨額の相続税。このような「主人のいない家」は日本には数多く、政府を悩ます問題にもなっている。

全体的に見ると、日本人の土地需要も低くなっているようだ。今は高層マンションが人気で、上の階ほど価格も高い。そしてネット通販の流行に押され、かなりの土地を占めていた商業施設が閉鎖に追い込まれるケースも見られる。私が知っているあるショッピングセンターは賃貸マンションに姿を変えた。日本では物件購入ではなく賃貸を選ぶ人も多いため、マンション建設は悪くない選択なのだ。


日本は今、人口減少と少子高齢化が急速に進んでおり、土地を買って家を建てる人が少なくなっただけでなく、以前建てられた大量の家の放置現象も現れている。値下げは言うまでもなく、タダでも欲しがる人はいないだろう。多くの日本人にとって「住宅」は問題ではなく、不動産業界は厳しさに見舞われている。これはわれわれの思考に値する現象と言える。
https://www.recordchina.co.jp/

日本には「主無き家」が多くあり、政府を悩ませている。これらの空き家は土地を占用するだけでなく街の景観にも影響し、政府は引き継ぐ者が現れることを望んでいる。当然、東京中心部には不動産価格が理不尽に高騰するバブル現象が今も存在する。外部から移り住む人が多く、硬直的需要があるためである。そのほか、2020年東京オリンピックも東京湾付近の不動産価格上昇に拍車をかけている。

全体的に見て、日本人の土地需要は低下している。最近は30~50階の高層マンションで暮らすのが流行し、高層階は価格が高く、1フロアに6戸以上あり、戸建は好まれなくなっている。ネット通販の流行に伴い、敷地面積が広く、百貨店、スーパー、商店を一体とした商業施設は閉鎖またはモデル転換の時期を迎えた。記者の家の近所にある大型ショッピングセンターはマンションに改造された。日本の多くの人が家を買うより賃貸の方が良いと考えているため、マンションを建てる方がよい選択と言える。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月08日 16:00 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp