韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ディスプレーまで…中国の低価格攻勢でLG・サムスンに悪影響

ディスプレーまで…中国の低価格攻勢でLG・サムスンに悪影響

世界トップに立っている韓国のディスプレー産業が揺れている。 中国の「ディスプレー崛起」に足を引っ張られた影響だ。昨年は過去最高の実績を上げたが、今年は実績が逆さまに落ちている。証券業界はLGディスプレーが4-6月期に2670億ウォンの損失を出すと予想する。

1-3月期に6年ぶりに983億ウォンの営業損失を出した後、下落幅が大きくなっている。こうした中、有進(ユジン)投資証券は9日、「LGエレクトロニクスが37.9%を持つLGディスプレーの株式をLGエレクトロニクスの企業価値算定から除外する」という内容の投資報告書まで出した。LGディスプレーの株式価値をゼロとみるということだ。先月には株式価値を2兆6790億ウォンと評価していた。 まだ損失は出していないが、サムスンディスプレーも雰囲気は良くない。4-6月期の営業利益は1000億ウォンにとどまる見通しだ。前年同期には1兆7000億ウォンを稼いでいた。

中国の影響が大きい。中国は液晶パネル(LCD)産業を国家産業に指定し支援を惜しまなかった。すでに面積基準で世界のLCD市場でシェア34.9%を占め、韓国の27.4%を上回っている。昨年LCDパネル世界トップに浮上した中国BOEをはじめ、中国HKC、台湾AUなどが製品価格を大幅に引き下げLCD価格は下落した。グローバル市場調査会社ウィッツビューによる、と昨年210ドルまで上昇したテレビ用LCDパネル平均価格は先月末には177.3ドルまで下落した。


LGディスプレーとサムスンディスプレーはLCDから有機ELに事業構造を変えているが、まだ売り上げではLCDが占める割合が大きい。 LGディスプレーは売り上げの90%をLCDで得ている。有機EL中心に変貌するために今年は9兆ウォンを設備投資に使う計画だが、その前に中国の直撃弾を受けた。サムスンディスプレーは売り上げ全体でLCDが占める割合は30%水準だ。LGディスプレーより事情は良いが、打撃を避けることはできない。
http://japanese.joins.com/

中国BOE Technology Group(京東方科技集団)は2018年3月9日、深圳証券取引所のファイリングにおいて、第10.5世代液晶パネル工場および第6世代有機ELパネル工場の投資計画を開示している。その主な内容を下記に示す。

合肥工場(B9)に続く2拠点目の第10.5世代液晶パネル工場「B17」(ガラス基板寸法は2940mm×3370mm)を武漢に建設するという。総投資額は460億元(約7750億円)を予定し、内訳は出資がBOEによる60億元と武漢市政府による200億元、残りは負債調達の予定だ。生産能力はガラス基板投入ベースで12万枚/月とし、主にテレビ向けに65型/75型の4K/8Kパネルを生産予定。稼働開始は24カ月後の2020年上期を目指すとの事。

さらに、成都工場(B7)と綿陽工場(B11)に続く3拠点目の第6世代有機ELパネル工場「B12」(ガラス基板寸法は1500mm×1850mm)を重慶に建設するという。総投資額は465億元(約7850億円)を予定し、内訳は出資がBOEによる100億元と重慶市政府による160億元、残りは負債調達の予定である。生産能力は4万8000枚/月とし、スマートフォンや車載向けのほか、ノートパソコン向けなどで折り畳み可能(foldable)なパネルの生産を目指すとの事だ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月10日 16:16 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp