韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  LGD・SKハイニックスが中国に大型投資…毒になるか妙手になるか

LGD・SKハイニックスが中国に大型投資…毒になるか妙手になるか

LGディスプレーとSKハイニックスの中国投資プロジェクトが第一歩を踏み出す。特にLGディスプレーは1年間引っ張ってきた5兆ウォンの投資だ。ただ両社のこうした投資戦略が中国と組んで中国市場を先取りする妙手になるのか、技術流出の毒になるか市場の見方は食い違う。 LGディスプレーは10日、中国政府から広州有機EL合弁法人に対する承認を受けたと明らかにした。同社が広州有機EL投資計画を発表してから1年ぶりだ。

広州有機EL法人はLGディスプレーと広州開発区がそれぞれ70対30の割合で合弁投資する形態だ。資本金2兆6000億ウォンを含め総額5兆ウォンが投資される。これまで敷地造成後の骨組工事が進行中だったが、今回の承認でスピードがつくことになった。来年下半期からの稼動が目標だ。この工場では第8.5世代(2200×2500ミリメートル)パネルをマザーガラス投入基準で毎月6万枚を生産する予定だ。広州工場は今後月9万枚まで生産量を拡大する方針だ。

これに伴いLGディスプレーは大型有機ELパネル需要に積極的に対応できると予想される。急速な業績悪化に苦しめられた状況から今後若干息をつけることになった。世界で生産されるディスプレーの50%を中国が買っている。LGディスプレーの韓相範(ハン・サンボム)副会長が「最大限日程を短縮し顧客に製品を適時に供給したい」と明らかにした理由だ。


(中略)
この日SKハイニックス子会社のSKハイニックスシステムICは中国江蘇省無錫にファンドリー(委託生産)工場を作ると明らかにした。無錫地方政府の投資会社である無錫産業集団との合弁法人形態で、SKハイニックスシステムICは837億ウォンを投資して株式の50.1%を確保する。投資金は工場設立後半導体製造装備のような有形資産と技術など無形資産を提供した代価で回収する計画だ。 来年下半期に完工する無錫工場には忠清北道清州(チュンチョンブクド・チョンジュ)にあるM8工場の装備が相次いで移転される。M8工場には現在200ミリウエハー工程が備えられている。200ミリを第1世代、300ミリを第2世代と区分するが、韓国では2009年以降ほとんどが第2世代に転換した。

中国のシステム半導体市場は急速に成長している。グローバル市場調査機関のIHSによると、中国のファブレス市場は昨年の255億ドルから2021年には686億ドルに拡大する。半導体業界関係者は「韓国国内では発注する業者がないためファブレスが発達した中国で収益性を高めるという戦略」と話した。
http://japanese.joins.com/

昨年12月にSKハイニックスは、中国に半導体の受託生産(ファウンドリー)工場を設立すると発表している。現地企業と合弁会社を設立し、2020年の本格稼働を目指すという。ファウンドリー事業を強化して、世界で市場シェアを拡大する狙いがある。SKハイニックスは理事会で、子会社であるSKハイニックスシステムICと中国企業が折半出資する合弁設立のための案件を協議したもようだとした。両社の投資額は、それぞれ数千億ウォン台という。

SKハイニックスは昨年7月にファウンドリー事業を分社化しSKハイニックスシステムICを設立。忠清北道清州市事業場で直径200ミリメートルのウエハーから半導体を生産している。現在の同社のファウンドリー分野の世界市場シェアは0.2%。 一方、サムスンが、2017年の半導体部門の設備投資費を前年の2倍に増加させたことにより、小規模なライバル企業が壊滅的な打撃を受けている。設備投資費は、2016年には113億米ドルだったが、2017年には260億米ドルにまで増大し、中国企業を引き離しにかかっている。

DRAM事業の統合が進んだことにより、サムスンとSK Hynix、Micron Technologyの3社だけで、世界市場全体の95%のシェアを占める。中国は、世界のDRAM供給量全体の約5分の1を調達しているが、輸入への依存度を低減し、半導体業界における競争力を高めるべく、XMCのような、中国国内で新設されるメモリメーカーに対して、資金を提供している。サムスンの設備投資費は、現行の中国新興メモリメーカーにとって、既存の大規模なメモリメーカーとの間で何らかの合弁事業を立ち上げるなどしない限り、既存の大手サプライヤーと同じレベルで競争できる可能性はほとんどないと自信を見せるが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月11日 12:24 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp