韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  改善の兆しが見えない韓国の雇用状況、5カ月連続で低水準

改善の兆しが見えない韓国の雇用状況、5カ月連続で低水準

2018年7月11日、韓国・TV朝鮮は「韓国国内の雇用状況に改善の兆しが見えない」と伝えた。 記事によると、韓国の6月の就業者数の増加幅は10万人台にとどまった。1月には30万人を超えたが、その後は5カ月連続で10万人前後の低水準となっており、雇用悪化の慢性化・構造化が懸念されている。このような雇用悪化は2007年の世界金融危機以降初のこと。製造業の就業者数は12万6000人減り、3カ月連続の減少となった。塾など教育産業でも10万7000人減少したという。

これについて、韓国統計庁雇用統計課のビン・ヒョンジュン課長は「韓国の就業者数の増加は今後、人口構造的な側面も考慮して解釈する必要がある」と指摘している。 また記事は「失業者対策も急がれる」と伝えている。6月の失業者数は103万4000人を記録し、6カ月連続で100万人を超えているそうだ。これを受け韓国政府は緊急点検会議を開いたが、明確な対策を打ち出せずにいるとのこと。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「文在寅(ムン・ジェイン)のせいだ」「政府が無能だから…」「こんな状態で最低賃金を1万ウォン(約1000円)にしてみろ。国が滅びるぞ」「対策を講じてくれ」など、現政権への批判の声が多く寄せられた。 一方で、「雇用は企業がつくるもの。国が雇用をつくろうしたら社会主義になる」と、政府による雇用創出に否定的な声も。


その他、「仕事がなくて経済も最低なのに、文大統領の支持率が70%代を維持しているのは一体どういうこと?」「体感景気はどん底」などの声も上がっている。
https://www.recordchina.co.jp/

朝鮮日報によれば昨年の失業者数は102万8000人であり、統計調査方法が変わった2000年以降最も多い数字となっている。100万人を超えるのは史上2度目となる。特に酷いのは15歳〜29歳の若年者失業率である。韓国統計庁によれば2017年の失業者は43万5000人で過去最悪となった。若年失業率は9.9%で4年連続の記録更新である。世界金融危機のときですら8.1%だったのだから現在がいかに過酷な状況かが理解できる。

韓国の毎日経済新聞は「四年制大卒の賃金格差が大きい。むやみに中小企業に入るのも怖い」とする専門学校生の実情を伝えた。韓国では四年制大学卒業者の失業率は昨年から0.2%ポイントの改善を見せたが、専門学校卒は統計以来最も高い水準となっているのだ。悪化した背景には、月給200万ウォン(約20万円)に満たない環境から転職する若者が増加したためだ。さらに言えば韓国の失業率は正しい数値ではない。体感失業率のほうが正しい値に近い。従って失業率は25~30%という状態だ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月13日 08:22 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp