韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  LG電子、欧州スマートフォン製造会社にLTE特許侵害訴訟

LG電子、欧州スマートフォン製造会社にLTE特許侵害訴訟

LG電子は11日、欧州のスマートフォン・メーカーの「WIKO」を相手にドイツのマンハイム地方裁判所に特許侵害訴訟を提起したことを明らかにした。LG電子側は自社のロングタームエボリューション(LTE)の標準必須特許3件をWIKOが侵害していると判断した。WIKOは昨年、欧州市場でスマートフォンを1千万台以上売り上げたメーカーだ。スマートフォンと関連しLG電子が特許訴訟を提起したのは、昨年3月、米国スマホメーカーBLU事案に続き2件目。

この度のLG電子が提訴した標準必須特許は基地局からの信号が弱い陰影地域でも端末に通信が途絶えないようにするコア技術などの3件だ。標準必須特許とは当該特許を侵害することなしに性能の実現が不可能な技術の総称だ。 LG電子はWIKOに対して2015年、最初の警告状を出しており、複数回の特許ライセンス交渉を要求したがWIKOは応じなかった。LG電子の全生圭(ジョン・センギュー)特許センター長(副社長)は「自社保有の特許について、正当な代価なしに無断使用されることには今後も断固たる対応を取っていく」と語った。

LG電子はLTE標準必須特許を世界で最も多く保有している。米国特許分析機関のデックアイピーエム(TechIPM)が米特許庁に出願されたLTEとLTE―A標準必須特許を分析した結果によると、2012~2016年の5年間、LG電子はLTE関連特許件数で連続世界最多を記録している。企業の標準必須特許出願には世界最大市場の米国が必ず含まれるため、米特許庁での1位は事実上世界1位と等しい。
http://japanese.donga.com/


LG電子がスマートフォンと関連した特許訴訟を提起したのは今回が2度目となる。LWikoがLG電子のLTE(ロング・ターム・エボリューション)標準特許を侵害したということが今回の訴訟の骨子だ。LG電子がスマートフォンと関連した特許訴訟を提起したのは昨年3月、米スマートフォン製造業者のBLUに訴訟を提起した後、2度目となる。 LG電子とBLUは訴訟以後、合意に達したことがある。

市場調査機関のSAによると、Wikoは昨年、欧州市場を中心に1000万台以上のスマートフォンを販売した。LG電子は"2015年、最初の警告状を送った以後、数回にわたって特許ライセンスの交渉を要求したが、Wikoが応じなかったとし、知的財産権を積極的に保護し、ライバル会社の不当な自社特許使用に厳正に対処するため、今回の訴訟を提起したと説明している。

LG電子は世界最高水準のLTE標準特許を保有している。 米国特許分析機関のテックアイピエムが米国特許庁に出願されたLTEとLTE-A標準特許を分析した結果、LG電子は2012年から2016年まで5年連続で世界1位を占めている。 標準特許は該当特許を排除しては性能を具現しにくい技術を通称する。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月13日 08:40 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp