韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  物を落としたがる子どもたちを叱れない韓国マンション事情

物を落としたがる子どもたちを叱れない韓国マンション事情

7月2日、京畿道竜仁市のAマンションの住民に「キャットマム事件」について聞くと「どうして古い話を掘り返すのか」といった反応が返ってきた。2015年に同マンションの屋上から小学生3人がれんがを投げ落とし、マンションの前で猫に餌を与えていた50代の女性が死亡。パクさん(当時29歳)が大けがをした。加害者と被害者は全て同マンションの住民だった。れんがを投げ落とした子どものうち1人(当時11歳)は少年犯で保護処分とされたものの、2人(当時9歳)は処分を免れた。10歳未満は刑事責任を問われないためだ。

子どもの父兄が被害者との合意に至ったことで、この事件は「なかったこと」になった。警備員が屋上のドアに鍵を掛けただけで、住民たちが集まって再発防止のための対策について論議したわけでもないという。ある住民は「れんがを投げ落とした小学生の親の一人が子どもの誕生日パーティーを事件後に開いたことで、話題になったことはある。被害者と子どもたちのほとんどが引っ越していったほか、その後は『不動産の値段が下がる』ことを懸念し、事件をもみ消す雰囲気」と話す。当時負傷したパクさんは、6カ月後に引っ越した。パクさんは「今でも空から何か落ちてくるのではないかと不安で仕方がない。親が子どもの教育を徹底する以外にこれといった案が見つからないことから、何だかもどかしい」と胸中を語った。

スポンサードリンク
高層マンションから子どもたちが投げ落とした物品で、通行人がけがをするケースが増えている。ここ2カ月間で子どもが高層マンションから鉄亜鈴やれんがを投げ落とし、通行人がけがをした。親やマンション住民による自治会が事件解明に乗り出さないことから、結局警察が重い腰を上げた。

韓国警察庁は3日、「高層マンションで発生する物品の投下事故を未然に防ぐため、広報活動を展開する」と明らかにした。警察はマンションの管理事務所を対象に放送や掲示板での案内を通じて投下事故の防止案内を行うことにした。「廊下や屋上に物を置かないようにし、子どもたちが好奇心で物を投げ落とさないように予防教育」を施すよう呼び掛ける内容だ。警察庁の関係者は「ここ2カ月間で発生した高層マンションからの物品の投下・落下事故7件のうち、2件が小学校の低学年によるものだった」とした上で「親やマンションの住民は関心を持つことが重要だ」と訴える。
http://www.chosunonline.com/

日本では、マンションの高層階からものを投げ捨てる行為は「犯罪」である。落下物で物を破損した場合、器物損壊罪で、3年以下の懲役、または30万円以下の罰金となる。落下物で怪我をさせた場合、傷害罪で、15年以下の懲役または50万円以下の罰金。或いは、殺人未遂罪で、殺人罪の刑罰 死刑または無期、もしくは5年以下の懲役が課せられる。殺人未遂罪も視野に入リ、重い罪になるということだ。 高層階というのが一つのポイントで、高層階から物が落下すれば落下速度で物の重さよりも大きなエネルギーになる。誰かが怪我をする可能性があることは、誰もが容易に予想可能。このような場合には、事故を起こさないよう十分な注意を払う義務があるという事だ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月15日 09:21 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp