韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国企業がドイツに欧州最大のリチウムバッテリー工場建設へ

中国企業がドイツに欧州最大のリチウムバッテリー工場建設へ

中国・ドイツ両国首脳が見守る中、寧徳時代の創業者兼董事長の曾毓群氏が9日午後、独テューリンゲン州経済大臣のヴォルフガング・ティーフェンゼー氏と共に、同州にリチウムバッテリー工場とスマート製造技術研究開発センターを建設する投資協定に署名した。科技日報が伝えた。 工場の面積は約80ヘクタールで、2021年に稼働開始を予定。ドイツで約600人分の雇用を創出し、欧州最大の自動車バッテリー生産拠点になる。

ティーフェンゼー氏は、「中国の今回のバッテリー工場建設は、テューリンゲン州にとってこの10年間で最も重要な工業投資プロジェクトだ。このプロジェクトによりテューリンゲン州は、欧州で最も重要なバッテリー技術拠点になる」と述べた。ドイツ貿易・投資振興機関の責任者のロバート・ ホルマン氏は、「これは中国のドイツにおける投資額が過去最大の生産型グリーンフィールド投資プロジェクトだ。ドイツは自動車産業大国として、電気自動車(EV)の普及に力を入れている。寧徳時代はドイツを選んだことで、ドイツと欧州のEVメーカーに近づけるようになるだけでなく、さらにドイツの高い素質を備えた従業員と一流のインフラを共有できる。今回の投資は、両国のハイテク産業をめぐる協力における極めて大きな成功例だ」と話した。

曾氏は、「欧州初の投資先にドイツを選んだ。当社と欧州企業の協力をさらに掘り下げ、欧州で現地化EV用バッテリー供給能力を形成することで、欧州の利用者に近づき、よりスピーディーで効果的なソリューションプランを提供する」と表明した。
https://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク
ドイツは昨年10月、欧州全域にまたがるバッテリーメーカー連合の創設に乗り気になっているとした。テスラやパナソニックなどを、欧州一丸となって追撃する狙いがある。 欧州委員会のシェフチョビッチ委員は、バッテリー開発に最大22億ユーロ(約2920億円)を投じると公言している。同委員の主導で11日にブリュッセルで開く会合には、BASFやBMWを含むドイツ産業界や自動車業界の大手が招かれた。メルケル政権もバッテリーの欧州企業連合創設に向けた協議を歓迎。同政府の反応はフィナンシャル・タイムズ紙が他に先駆けて報じていた。

ドイツ経済・エネルギー省のバロン報道官は、電話取材に対し「欧州レベルでの電池セル製造の問題に欧州委員会がようやく腰を上げたのは、適切で重要だ」と評価している。「主要技術について欧州が主導権を握る必要があり、E-モビリティーにとって電池セルは差別化につながる最も重要な要素の一つだ」と続けた。欧州委員会の動きの背景には、エネルギー貯蔵装置の製造技術で追いつかないと主要産業が落後しかねないとの認識がある。次世代の電気自動車の動力源はリチウムイオン電池が担う見通し。乗用車コストの約4割はバッテリーと電力伝達システムが占める。だが欧州で生産は始まったばかりで、不足分のほとんどはパナソニックやLG化学、サムスンSDIなど日韓のバッテリーメーカーが埋めている。米国ではテスラが自社生産車向けの需要を満たそうと、巨大バッテリー工場を建設した。

そういう意味では、中国の今回のバッテリー工場建設は、テューリンゲン州にとってこの10年間で最も重要な工業投資プロジェクトと言える。このプロジェクトによりテューリンゲン州は、欧州で最も重要なバッテリー技術拠点にしたいのだろう。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月17日 08:39 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
欧州は草刈場
欧州には電池産業がないから、中国企業がそのスキを突いた。
ということです。
ポルシェ919が使ったA123は経営難で中国メーカに買収されたらしいし。
BMWはLGの電池だし。
[ 2018/07/17 17:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp