韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  インドに「コンベンション韓流」、最大の展示場IICCの運営を韓国企業が担当

インドに「コンベンション韓流」、最大の展示場IICCの運営を韓国企業が担当

展示主催社のイサンネットワークスと展示コンベンションセンターのキンテックスが、インド最大規模の展示場の運営を担うことが決まった。韓国企業が海外で展示ノウハウを輸出するのは初めて。

イサンネットワークスは16日、キンテックスとのコンソーシアムが、インド政府がニューデリーのドワーカ地域に建設予定のインド国際コンベンション展示センター(IICC)の運営事業者に選ばれ、2020年から20年間、総括運営を担うことになったと明らかにした。現地事業のためにイサンネットワークスとキンテックスは最近、インド現地の合併法人「キンテックス ・コンベンション・マネージメント社」を設立した。イサンネットワークス関係者は、「フランス、シンガポール、香港など展示分野で経験が多い、いわゆる『展示先進国』からの有力企業を退けて、韓国国内コンソーシアムが運営事業者に最終選定された」と明らかにした。

IICC、は国内最大の展示場である京畿道高陽市(キョンギド・コヤンシ)のキンテックスの面積の約3倍、30万平方メートルの規模で建設される。これは、中国、シンガポール、日本に続き4番目の大きさだ。インド政府はここを展示・コンベンション施設だけでなく、ホテル、ショッピング、業務施設などを備えた複合展示・コンベンション団地にする計画だ。2019年に第1段階を完工して2020年の開館を目指しており、第2段階は2026年に着工される予定だ。


IICCは、インディラ・ガンディー国際空港から10キロ離れた所にあり、展示場が建設されれば、団地内に連結された地下鉄、鉄道、高速道路を利用でき、外国企業やショッピングモールなどが密集した都市、グルグラムへのアクセスも改善される。最近、デリーからムンバイまで貨物専用鉄道を結ぶデリー・ムンバイ間産業大動脈構想(DMIC)が進行中であり、IICCの付近で先端情報技術(IT)バレーや各種産業クラスターをはじめ海外公館や大使館、ゴルフ場などの需要が多いという。イサンネットワークス関係者は、「インドは世界7位の経済規模を背景にアジア地域の経済中心地として急浮上している」とし、「特にインド政府が推進しているDMICを機に、この地域一帯の展示・コンベンション需要が増えると期待している」と話した。

展示主催社として国内で唯一上場しているイサンネットワークスは、建築、生活用品、医療用品、ペット、育児、バーチャルリアリティ(VR)などの多彩な分野の展示経験を生かし、インド市場に特化した展示を開発するという構想だ。特に、インド市場で吹いている韓流をターゲットに、建築、IT、リビング、飲食分野に対する韓流産業の展示会を持続的に実施する予定だ。
http://japanese.donga.com/

インドは伝統的に製造業が弱くサービス業が強い。大企業と家内手工業しかない。膨大な市場を持ち韓国の中小企業が活動する空間が広いともいえるが…。ハイデラバードで20年にわたり注射器を製造して成功したパク・ギョンジョ社長はインドを“中小企業の新天地”と話す。会社がしっかりとしていれば多国籍企業からの買収要請も多いという。外国企業のインド進出が容易ではないからだ。韓国の中小企業進出はインド経済にも有益だ。ただ、インドに対する深い調査・研究が先行しなければならない。

2016年1~3月期のGDP成長率は+6.7%と、多少減速しているとはいえ、欧米・日本に比べ高い水準の成長を保ってい現在インドは約13億もの人口を擁している。2022年には、両国の人口とも約14億人に達した以降は、インドの人口が中国を上回る。その後も、徐々に人口が減少していく中国とは異なり、2030年には15億人に到達。さらに2050年には17億人に達する。 国内市場の縮小に直面している日本企業にとって、成長著しいインド市場は、今後もさらに魅力的なものになっていくことは言うまでもない。すでに多くの日本企業がインドに進出し、大きな業績を上げている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月18日 08:55 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp