韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  機体の欠陥か整備不良か…マリンオン離陸からローター落ちる

機体の欠陥か整備不良か…マリンオン離陸からローター落ちる

上陸機動ヘリコプター「マリンオン」が17日の事故当時、離陸直後に突然ローター(回転翼)が折れ、墜落したことが確認された。ヘリコプターの墜落の原因がローターにあるものと推定される。

海兵隊が事故翌日の18日に公開した9秒の動画によると、事故ヘリコプターが離陸してから3~4秒後に、ローターが丸ごと機体から分離され、撮影場所の方に飛んでくる。これに対して軍当局者は「ヘリのローター3つは、当時マリンオンの進行方向の側方から約20メートル離れた地点で発見されたが、一つは全く別の所で破損された状態で落ちていた」と話した。ヘリコプターはローターを回転させて揚力を得るだけに、ローターの異常は致命的な事故につながりかねない。

軍当局は、当時離陸直後に高速回転をしていたローターのうち1つが先に事故機胴体部分から落ちた後、続いて残りの4つが胴体から分離されたものと推定している。同軍当局者は「ローターの1つが落ちてしまうと、胴体に繋がっていた残りの3つのバランスがが崩れ、無理な高速回転をするようになる。そのため、これら3つも胴体との連結部分が緩み一緒に分離されたものとみられる」と話した。マリンオンのローターは合わせて4つで構成されている。

スポンサードリンク
事故ヘリのローターが抜け落ちて墜落したことが確認され、ヘリコプター操縦士の過失の可能性は低くなった。今回の事故で死亡した正操縦士のK中佐(45)は経験豊富で有能なパイロットだったという。海兵隊関係者は「事故ヘリの操縦士は飛行時間だけでも3300時間に達しており、米国の飛行試験学校を卒業した。有能な操縦士であり、操縦未熟で事故が起きた可能性は低い」と話した。

それだけに、機体欠陥の可能性が高いと見られている。実際、今回事故が起きたマリンオンの原型である「スリオン」ヘリコプターはこれまで多くの事故を起こした。事業費1兆3000億ウォン(約1300億円)を投じて開発されたスリオンは、2015年1月と2月にエンジンスピードの上昇で停止される現象で非常着陸しており、2014年8月にはローターと胴体上部電線切断機の衝突で破損する事故が起きた。このほか、前方ガラス(ウインドシールド)の破損や胴体フレームの亀裂発生のような問題も相次いだ。
http://japan.hani.co.kr/

韓国海兵隊のヘリコプターが17日に墜落して5人が死亡し1人が重傷を負った。海兵隊によると、この日午後4時46分ごろ、慶尚北道浦項南区の飛行場で海兵隊の上陸機動ヘリコプター「マリンオン」が地上約10メートル上空から滑走路に墜落した。 ヘリコプターは墜落すると同時に火に包まれて全焼した。海兵隊は今年1月、「スリオン」を上陸作戦に対応できるように改造した「マリンオン」2機を購入した。今回墜落したのはそのうちの1機で、海兵隊関係者は「製造会社側が整備した後、試験飛行している途中に発火したようだ」と説明している。

韓国防衛事業庁は、「5月24日、スリオンヘリ左上フレーム(骨組み)に亀裂が発見された」とし、「運用中の60機の全スリオンヘリについて目視・非破壊検査を実施した結果、8機が同部位に1.2~1.5センチの亀裂が発生していたことを確認した」と明らかにしている。欠陥のあるヘリに改造を加えること自体が無理だろう。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月19日 08:37 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp