韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  未分類 >  サムスン・LGのプライドに傷…テレビ対決でパナが「総合優勝」

サムスン・LGのプライドに傷…テレビ対決でパナが「総合優勝」

世界テレビ市場でシェア1位、2位につけている韓国のサムスン電子とLG電子が、英国で行われたテレビ性能対決で「総合優勝」を日本のパナソニックに譲った。サムスン電子とLG電子はカテゴリー別評価では首位にもなったが、世界のテレビ業界でそれぞれ「量子ドット」技術を採用したQLEDテレビ陣営、有機ELテレビ陣営をけん引していると自負してきただけに、プライドを傷つけられたとの指摘もある。

業界によると、英国のテレビ評価専門ウェブサイト、HDTVテストなどが先ごろロンドンで開催した「メジャーテレビ決戦」で、パナソニック製品が総得点32.59点で「2018年のベストテレビ」に選ばれた。2位は31.49点のLG電子製品。3位以下は公表されなかった。今回の評価は、LG電子と日本のソニー、パナソニックの有機ELテレビ3モデルと、サムスン電子のQLEDテレビ1モデルの計4モデルが対象となった。いずれも各社が最近発売した65インチプレミアムテレビの代表モデルだ。

専門家と一般人のレビュアーがホームシアター機能やゲーム用テレビとしての性能、明暗を最適化するHDR(ハイダイナミックレンジ)、明るい場所での画面の鮮明度など、各項目に点数を付けた。 パナソニック製品はベストテレビに加え「ベストホームシアターテレビ」にも選定され、「ベストリビングルームテレビ」と「ベストHDRテレビ」では2位に入るなど、大半のカテゴリーで優秀な成績を収めた。 サムスン電子製品は「ベストゲーム用テレビ」、LG電子製品は「ベストHDRテレビ」にそれぞれ選定され、多少なりともプライドを守った。


米経済誌フォーブスは結果について「特にパナソニックに素晴らしいニュース」としながらも、「今回の勝負は評価者がブランドを見ながら点数を付けるなど限界があった」と指摘した。 有機ELとQLEDの対決に関しては「双方とも重要な評価カテゴリーで勝利した」とし、事実上の「引き分け」を宣言した。
http://www.chosunonline.com/

日本では、テレビ進化の象徴とも言える「4Kテレビ」を徹底的にテスト。画質はもちろん、機能、操作性、音質などを採点しランキング化した。全9台の最新4Kテレビを一箇所に集め、プロ識者、ライター、担当編集が一同に介し本気のテストを実施した。堂々の1位に輝いたのは東芝のREGZA、50Z810Xだった。4K画質は明暗差を拡大するHDRをきちんと表現し、夜景や朝焼けも黒が塗りつぶされずに量感があり、明るい部分も白飛びがなく、自然な仕上がり。地上波については明るめで、画質は高精彩。ノイズも少なく、色や明るさのバランスも自然で違和感なく視聴できる。音質は映画などの低音の響きがやや物足りない印象ですが、クリアな中高域は聞きやすく地上波のセリフなどに最適。

第2位はパナソニックのVIERATH-55DX850がランクイン。ハイレゾ対応スピーカーによる極上の音質を味わえるのが最大のポイント。とくに中高音域はクリアで聞きやすく、地上波のガチャガチャしたセリフの重なりも違和感なく聞き取れます。4K画質は輝度の伸びや黒の締まりなど、もちろん合格ライン。地上波は派手すぎず自然な色味を再現できていて、しっとりした映像を視たい人に向いている。操作性もおおむね高評価でした。リモコンのマイクで電源オフや動画検索が可能で、直感的で操作しやすくカーソルの動きもスムーズ。スマートTVのシステムやテレビのメニュー設定など、シンプルに誰でも使いこなせるという印象だ。

3位はソニーのBRAVIA「KJ-55X9350D」。画像のクオリティはトップレベルの成績。特にHDRによる明暗の表現はダントツで、明るくても違和感なく、まぶしい光の美しさは見事だ。そしてソニーといえばやっぱりハイレゾ。奥行きと厚みがしっかりと感じられます。画質と音質がともに高水準なので映画好きにはかなりオススメ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月19日 12:30 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp