韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  長期下降に陥った韓国経済「将来のための新たな選択が必要」

長期下降に陥った韓国経済「将来のための新たな選択が必要」

2018年7月18日、大韓商工会議所のパク・ヨンマン会長が「韓国経済は長期下降傾向に陥っている。危機を克服し未来に向け進むためには、新たな選択が必要」と指摘した。世界日報など複数の韓国メディアが伝えた。

パク会長は、済州島の新羅ホテルで開かれた「第43回大韓商工会議所済州フォーラム」の開会の辞で、「構造的問題の根本的な処方がなければ、マクロ指標の警報音は続くだろう」と述べた。また「経済、産業および企業の未来のための新たな選択に乗り出さなければならない時」とし、「閉鎖的な規制環境、経済の偏重化、限界に達した製造業の雇用創出力、新規参入が困難なサービス業、高い既得権の壁、中小企業の低競争力、少子化など解決すべき課題が多い」と指摘した。

さらに「先月発表された企業文化2次診断で『ジーンズを履いた年配たち』という言葉を聞いて少なからぬ衝撃を受けた」とし、「ネクタイを緩め、ジーンズを履くという外形的変化ではなく、マインドセットから変えなければならない」と語ったという。


この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「将来のための選択は文在寅(ムン・ジェイン)大統領の更迭だ」「文大統領が経済をダメにした」「現政権のうちは、どんな選択をしてもうまくいきそうにない」など、現政権への批判の声が多く寄せられた。また「経営の世襲制が存在する限り大韓民国に未来はない」「財閥大企業のオーナーたちは、世襲によって巨万の資産を積み上げることをやめ、労働者と富を分かち合うべき」など、財閥経営が抱える問題に言及する意見も。
https://www.recordchina.co.jp/

低迷する韓国経済をよそに、ゲーム会社の任天堂の支社、韓国任天堂は売上高1000億ウォン(約10億円)台を回復したという。韓国任天堂が金融監督院電子公示システムに公示した監査報告書によると、昨年度(会計年度2017年4月-2018年3月基準)の売上高は1250億ウォンだった。前年(392億ウォン)比218.8%増えた。 韓国任天堂の売上高は2009年に2942億ウォンでピークとなった後、下降していた。売上高1000億ウォン台の回復は2011年以来6年ぶり。営業利益も昨年91億ウォンと、前年(56億ウォン)比で62.5%増加した。

韓国任天堂が反騰したのは、昨年12月に韓国で正式発売された新型コンソール用ゲーム機スイッチのためだ。韓国で10万台以上売れた。スイッチ用ゲームも20万個以上売れたと推定される。ゲーム業界の関係者は「スマートフォンの利用者が増えて任天堂のゲーム機とゲームを求める人が大幅に減ったが、スイッチの成功で反騰のきっかけをつかんだ」と説明した。スイッチはテレビにつないでゲームをするだけでなく、本体を取り外して携帯しながら楽しむこともできる。任天堂本社の売上高も大きく増えた。昨年1兆556億円と、前年比115%増となった。 その他衣料品などの関連企業を含めて日本から韓国へ進出する企業が据えている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月20日 10:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp