韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  OECD景気指数、韓国だけ13カ月連続ダウン

OECD景気指数、韓国だけ13カ月連続ダウン

このところ雇用・投資・消費など各種の経済指標がマイナスを記録している中、今後の韓国の景気状況はさらに悪化するだろうという経済協力開発機構(OECD)の見通しが発表された。OECDは20日、5月の韓国の景気先行指数(CLI)が99.5だと発表した。これは前月(99.6)に比べ0.1ポイントのダウンで、2013年1月(99.4)以来、64カ月ぶりの低水準だ。CLIは6-9カ月後の景気の流れを予測する指標で、通常100を超える場合は景気上昇、100以下なら景気下降と解釈される。各国の製造業在庫循環指標、長短金利差、輸出入物価比率、製造業景気展望指数、資本財在庫指数、株価指数という6つの指標を基に、最近の数字に加重値を置く方法で算出する。

韓国のCLIは昨年2-4月に3カ月連続で100.9となりピークに達して以降、5月(100.8)から下がり始め、13カ月連続で下がり続けている。世界の主要国のうち、CLIが1年以上下落を続けているのは韓国だけだ。 OECDがCLIを集計した32加盟国中、韓国の順位は22位だった。韓国よりも順位が低い10カ国のうち先進国は、欧州連合(EU)脱退を決めて以降、ポンド安で苦しんでいる英国(99.1)だけだった。ライバル国の日本(100.0)は「アベノミクス」に支えられて2016年半ばから着実に景気が上向きになっている。米国(100.2)は2016年半ばに99.0まで落ち込んだが、トランプ大統領就任以降は景気が急上昇している。
http://www.chosunonline.com/

スポンサードリンク
韓国は2016年に人口構成比で高齢層が若年層を初めて上回った。韓国統計庁によると、16年11月1日時点の総人口は前年から0.4%増の5127万人で、うち65歳以上が678万人、0~14歳が677万人だった。現地英字紙コリア・ヘラルドなどが報じた。 65歳以上の高齢者の前年比増加率は3.1%で全体を大きく上回った。高齢者の0~14歳の若年層に対する比率は前年の95.1から100.1となり、人口構成比で逆転した。韓国の高齢者の半数は貧困層に当たるとされ、高齢社会が経済に与える影響も懸念されている。

韓国は、女性の社会進出加速や晩婚化などで少子高齢化が急速に進行している。歴代の政府も各種の優遇策や現金の支給といった対策を講じてきたが、これまでは歯止めがかかっていない。日本の半分程度の人口である。高齢化と語った時点からの加速は日本よりはるかに速い速度となる。税金不足に家計負債だけしかないのでは、老後は日本と違って、大変な事態と化すのではないか…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月21日 12:36 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp