韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  1990年代の日本より深刻化する韓国の不況

1990年代の日本より深刻化する韓国の不況

高齢化、民間所得の伸びなど韓国経済の指標が日本の長期不況初期の1990年代と似た傾向を示し、「日本よりもひどい停滞を経験するのではないか」との指摘が経済専門家の間でささやかれている。青年層の失業率、高齢者の資産、負債の質などが当時の日本より劣るためだ。日本の長期不況のシグナルは民間消費の急激な減速だった。1980年代に年平均3.6%だった民間消費の伸び率は1990年代には1.9%に低下した。韓国も同様だ。2000-07年には年平均4.3%だったが、その後は2.2%だ。昨年には2.6%に回復したが、海外支出を除くと1.6%にとどまった。1990年代の日本を下回る数値だ。

内需の危機は青年層、高齢層の双方で同時に進んでいる。青年層では就職難が出発点になる。昨年の韓国の青年失業率は9.5%で、5月には同月としては過去最悪の10.5%を記録した。1990年代の日本の青年失業率は5-6%だった。日本は高齢化社会を迎えた1994年を基準にすると4.8%にとどまった。延世大の成太胤(ソン・テユン)教授は「青年の就職は、その後に自動車を購入し、結婚し、マイホームを買うという内需の出発点だ。韓国の青年はスタートすらまともにできていない」と指摘した。早稲田大の深川由起子教授は「韓国は日本よりも早く、もっと深刻な形で若者が高い失業率のせいで希望を失う」との見方を示した。


1990年代の日本ではユニクロや100円ショップのような低価格の生活必需品店が急成長した。韓国も同様だ。1000-3000ウォン(98-294円)の商品を主に扱うダイソーは、2017年に前年比26%増の1兆6457億ウォンを売り上げるなど毎年業績を伸ばしている。そうした消費パターンの中心が青年層だ。深川教授は「若い層が自動車や住宅など規模が大きな消費を避け、低価格の商品だけを購入するのは、内需低迷が日本のように長期化するシグナルだ。最近の急激な最低賃金引き上げはアルバイトの働き口まで減少させ、状況をさらに悪化させることになる」と分析した。
http://www.chosunonline.com/

韓国と日本の不況の初期の様子が類似している上、長期不況に突入するようになる似たような問題を抱えている。その当時から長期不況の典型的な特徴である、貿易収支額が黒字でありながらも消費と投資マインドの冷え込み、不動産の投機抑制策による建設景気の落ち込み、消費低迷の長期化傾向と製造業の空洞化現象、低金利の中での景気低迷とマクロ経済政策の効き目のなさが現れている。今の韓国経済は家計負債は限界点。企業技術も限界点。半導体頼みも限界点。家計負債を支える不動産経済は来年の元本返済で崩壊となりそうだ。今まで付けであるから、中小企業の内需活性化に力を入れずにきた、韓国政府のだらしなさともいえる。犯罪大統領の姿を見れば理解できる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月22日 09:13 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
労働賃金の上昇が致命傷
日本が失われた20年と言われた長期不況に陥った時、労働者の賃金を上げるのでは無く仕事をシェアして労働を守った。
韓国では会社の経営が低迷しているのにストライキで賃上げを強要している。
さらに最低賃金上昇を政府が強要している。
これでは企業が持たない、韓国は崩壊する。
[ 2018/07/22 13:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp