韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本で徐々に普及するシェアリングエコノミーの実態

日本で徐々に普及するシェアリングエコノミーの実態

日本では最近、マイカーを持ちたいという若者がどんどん減っている。その理由は、日常の買い物や子どもの送り迎えや引っ越しといった短時間の車の利用だけなら、カーシェアリングで事足りるようになったからだ。新華網が伝えた。 警察庁と総務省がまとめた統計データによると、日本では29歳以下の運転免許証所持率は80%を超えるが、29歳以下世帯の自家用車保有率は約50%で、10年ほど前より約10%低下した。

自家用車の人気があまり高くないこととは対照的に、カーシェアリング、シェア自転車、ボートシェアリングを含むシェアリングエコノミーが勢いよく発展している。トヨタコネクティッド株式会社の管理職・早田敏さんは、「カーシェアリングは借りる時も返す時も店に行って手続きする必要がなく、会員カードで身元確認や支払いができて非常に便利」と話す。 カーシェアリングを利用する場合、ユーザーはまず予約サイトか携帯電話の専用ソフトを通じて、車を引き取る場所、利用時間帯、利用車種を選ぶ。予約が終わると申し込んだ時間に引き取り場所へ行き、会員カードを車のセンサーにかざせばロックが解除されて車が使えるようになる。

日本最大の駐車場運営会社・パーク24株式会社は2009年からカーシェアリング業務を手がけてきた。同社経営企画本部グループ企画部の小田原真琴課長は、「今では飛行機や電車を降りるとすぐにカーシェアリングを利用するという人が増えている。17年10月末現在、当社のカーシェアリングスポットは1万カ所に達し、会員は90万人を超える」と話す。

スポンサードリンク
中国のシェア自転車企業ofoは17年に日本市場に進出し、現在は和歌山県和歌山市、福岡県北九州市などで事業を展開する。株式会社OFO JAPAN日本市場統括の日吉良昭さんは、「シェア自転車で家と駅を往復する、会社と駅を往復する、観光地を回るなどは、『ラストワンマイル』の補助的交通手段としてますます多くの消費者に受け入れられるようになった」と話す。

ヤマハ発動機株式会社は日本最大のボートメーカーで、運営する会員制ボートシェアリングサービス「ヤマハマリンクラブ・シースタイル」では全国約140カ所と海外2カ所のホームマリーナでボートをレンタルできる。17年には会員数が2万2千人に達したという。 総務省の17年版「情報通信白書」によると、日本のシェアリングエコノミーの市場規模は15年度の285億円から、20年度は600億円に達する見込みだ。
https://www.recordchina.co.jp/

「シェアリング・エコノミー」とは、典型的には個人が保有する遊休資産(スキルのような無形のものも含む)の貸出しを仲介するサービスを言う。貸主は遊休資産の活用による収入、借主は所有することなく利用ができるというメリットがある。貸し借りが成立するためには信頼関係の担保が必要となる。そのためにソーシャルメディアの特性である情報交換に基づく緩やかなコミュニティの機能を活用することが可能だ。シェアリング・エコノミーはシリコンバレーを起点にグローバルに成長してきた。PwCによると、2013年に約150億ドルの市場規模が2025年には約3,350億ドル規模に成長するという。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月23日 16:09 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp