韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  外国人観光客減少・最低賃金引き上げ…冷え込む韓国の中心商圏

外国人観光客減少・最低賃金引き上げ…冷え込む韓国の中心商圏

外国人観光客の減少、最低賃金引き上げ、週52時間勤務、内需沈滞などが重なり、ソウルの中心商圏までが急速に冷え込んでいる。明洞(ミョンドン)と江南(カンナム)駅周辺にも空き店舗が増え、「権利金」が数億ウォン単位で急落している。

22日に訪れた明洞にはまるごと空いた4-5階建てビルもあった。明洞3通りの4階建てビルは1カ月前に廃業した後、まるごと空いていた。ファッションブランド「BOY LONDON」があったところだ。近隣の不動産仲介士は「賃借人が出て行った後に賃貸料を20%引き下げたが、まだ新しい賃借人はいない」と話した。この建物の隣のビル1階にも「賃貸(for lease)」と書かれた紙が貼られている。別の不動産仲介士は「6カ月前から空いている。昨年から始まった商圏の沈滞が最低賃金が上がった今年からさらに深刻になった」と説明した。

ソウル江南商圏でも1階の空き店舗が目に入った。江南教保(キョボ)タワー通りの向かい側のビル1階は1年以上も空いた状態だ。SC第一銀行があったところだ。アウトドアブランド「メレル」と女性衣類「リスト」が入店していた近隣1階の店舗も年初から空いている。付近の不動産仲介士は「中国人観光客で好況だった時期の月賃貸料1600万-1700万ウォン(約160万170万円)にこだわっていて、新しい賃借人が見つからない」と話した。

スポンサードリンク
週52時間勤務の影響でオフィス商圏も直接的な打撃を受けている。ソウル駅前ソウルスクエア1階にあるコーヒー専門店は「権利金」を従来の5億ウォンから7000万ウォンに引き下げたが、新しい賃借人はまだ見つかっていない。
http://japanese.joins.com/

韓国鑑定院によると、昨年10-12月期に8%台だった江南地域の空室率は今年1-3月期には9.1%上昇したと中央日報が報じている。同じ期間、島山大路の空室率は6.7%から7.5%に高まり、新沙駅周辺の空室率は4.9%から7.0%に上がった。さらに、鍾路の空室率は同じ期間に11.0%から20.1%へと倍近く上昇し、明洞の空室率も9.9%と2けた目前だ。昨年4-6月期(8.2%)から上昇している。昨年10-12月期に7.4%だった空室率が今年1-3月期には12.5%に上昇した。 自営業者の間では『通貨危機当時よりも深刻だ』という声が出ている。冷めた創業ブームのため需要が減り、賃貸料を調整しても空き店舗を満たすのが難しい状況だ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月23日 17:10 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(3)
供給過剰
いろんなものが供給過剰なようだ。不動産が供給過剰なら
閉めて、じっとしていればいい。ジタバタしても仕方ないだろう。
ソウルは一昨年、2016年は観光景気最高とウハウハだった。
いいときがあれば、悪いときもあるさ。

[ 2018/07/23 23:47 ] [ 編集 ]
そもそも、韓国人は韓国旅行に来て欲しいと思ってるのか?

ぼったくりは多いみたいだし、国のイメージも悪いし、何がしたいのか、わからない国。
[ 2018/07/24 02:40 ] [ 編集 ]
韓国さん大丈夫だょー! 日本に居る、在日朝鮮人の資産は約4〜5兆円だから、在日諸君に強制帰国命令を出せば大丈夫!
[ 2018/07/24 06:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp