韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  観光客が集まる韓国の人気からあげ店が「衛生問題」で摘発

観光客が集まる韓国の人気からあげ店が「衛生問題」で摘発

2018年7月19日、韓国・スポーツ京郷によると、韓国・江原道の束草にある人気有名店「マンソク・タッカンジョン」が食品衛生法違反で摘発された。同店は公式に謝罪したが、ネットユーザーらの怒りは収まっていない。 同店は同日、ホームページに「これまで使用していたフードとダクトの取り換え作業を行っている。従業員への衛生教育も強化する」とし、「より徹底した管理で再発防止に努める」とする謝罪文を掲載した。

韓国の食品医薬品安全処は17日、「食品衛生法に違反した約400店舗を再点検した結果、23店舗がいまだに衛生基準を満たしていないことが分かり、行政処分を下した」と発表した。同店については「キッチンの床や棚に食べ物の残りカスが落ちていたり、換気装置に油やほこりがこびりついていたりするなど、清潔でない調理施設を運営している」と指摘した。 タッカンジョンとは甘辛いソースがかかったからあげで、韓国の定番おやつ。特に「マンソク・タッカンジョン」は全国から観光客が集まる人気店であるため、このニュースにネットユーザーからは厳しい声が相次いでいる。

コメント欄には「がっかりだ」「そんな店はつぶれた方がいい」「味も接客態度も悪い」「購入した商品から悪臭がして捨てたこともある」「清掃は基本中の基本。人気店なのだから『清掃員を雇えなかった』との言い訳も通じない」「キッチンを見ていないから食べられる」などの意見が見られた。


一方で「基準が厳し過ぎる」「基準を満たしている店が存在するの?特にデリバリー専門店は確実に違反している。全てを知ったら、食べられるものがなくなりそう」「もっとひどい店がたくさんある」「その程度ならかわいいもの。有名店だからニュースになっただけ」と擁護する声も上がっている。
https://www.recordchina.co.jp/

韓国貿易協会の報告書によると、昨年の対日輸出でキムチは前年比約22%下落。ビールは約50%減という状況だ。日本では韓国の「食」に対する信頼度が大きく低下している。食品問題評論家で食品表示アドバイザーの垣田達哉氏はこう解説する。「日本でも有名な『辛ラーメン』から発ガン性物質が検出されるなど、韓国では一昨年から食品汚染の問題が相次いで起きている。韓国食品が安全ではないということが意識されるようになり、敬遠する日本人が増えている」。

ユネスコの無形文化遺産に登録された「キムジャン文化」のキムチでさえ、安全性が揺らいでいる。4月7日には、食品製造・加工メーカー「珍味」の工場で生産されているキムチ製品から食中毒菌が検出され、約1万2000キロが販売中止となり、回収騒動に発展している。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月24日 08:25 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp