韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  時速300キロのKTX、猛暑で70キロに速度制限

時速300キロのKTX、猛暑で70キロに速度制限

韓国鉄道公社(コレール)は23日午後、猛暑の影響で京釜高速線の天安牙山駅-五松駅区間で高速列車(KTX)の運行を時速70キロ以下に制限中だと発表した。

最高気温37度超の猛暑日となった同日午後3時15分ごろ、天安牙山駅-五松駅区間の線路の温度は61.4度に達した。

コレールは、時速300キロで運行していた全てのKTXを、列車安全運行基準に従って同区間を時速70キロ以下で走行するよう緊急の措置を取った。

コレールは、レールの温度が55度以上であれば徐行、64度以上なら全てのKTXの運行を中止するよう細則で定めている。

コレールの説明によると、猛暑で線路の温度が上がるとレールが伸びてねじれる可能性があるため、列車の安全を考えて徐行あるいは待機すると定めているという。
http://www.chosunonline.com/

スポンサードリンク
鉄道に関する研究開発、調査などを手掛けるJRグループの公益財団法人鉄道総合技術研究所(鉄道総研)によると、一般的なレールの、設計上の上限温度は60℃とのこと。 レールの温度が60℃を超えるとゆがむ可能性が生じる。これは、新幹線でもこの上限温度は同じだ。しかし高速で走行する新幹線は、レールが少しでもゆがむと大事故につながる。そのため、厳しい基準で管理されている。「在来線よりも、熱によるレールのゆがみに強い構造になっている」(広報担当)

レールが伸びてゆがもうとしても、通常、レールは枕木にしっかり固定されており、枕木はバラスト(線路に敷かれた石)にしっかり支えられている。バラストのなかでずれにくいよう枕木は寸法や重量の大きいものが採用されていたり、突起が付いていたり、バラストはその盛り方にも工夫されている。。ロングレールや伸縮継目などとともに、現在も乗り心地が良く、騒音が少なく、安全で強い線路の研究、開発が続けられている。


関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月24日 08:37 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp