韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国経済、半導体まで…輸出42%増発表した日に「2トップ」株価が下落

韓国経済、半導体まで…輸出42%増発表した日に「2トップ」株価が下落

「不安定な好況」を迎えている半導体が今月も韓国経済の輸出を牽引した。関税庁によると、今月1-20日の輸出は328億ドル(約37兆1100億ウォン)と、前年同期比9.3%増加した。半導体の輸出額は前年同期比42.2%増の64億2400万ドル(約7280億円)と、今月の輸出額全体の20%を占めた。乗用車(-1.7%)、船舶(-75.8%)が減少している中で不動の1位だ。

しかし好況が終わるのではという懸念の声が高まっている。この日、SKハイニックスとサムスン電子の株価が同時に下落した。SKハイニックスは前日比7.05%(6200ウォン)安の8万1700ウォンで取引を終えた。サムスン電子も前日比2%(950ウォン)値下がりして4万6500ウォンとなった。 目を引くのは外国系機関の売りが続いている点だ。サムスン電子株はUBS・CS・ゴールドマンサックス・メリルリンチなど売り、モルガンスタンレーはSKハイニックス株を売った。

メリッツ総合金融証券はこの日、SKハイニックスの実績が今年7-9月期から下降すると予想した。来年の営業利益を19兆ウォンと予想した。これを受け、目標株価を10万8000ウォンから8万9000ウォンに引き下げ、投資意見は「買い」から「中立」に下方修正した。サムスン電子の今年7-9月期の営業利益も8%減少すると予想した。


過去最大実績を更新してきたサムスン電子の実績は今年4-6月期に停滞した。最近発表したサムスン電子の4-6月期の売上高(暫定)は前年同期比4.92%減少し、営業利益は5.19%増加した。1-3月期と比較するとそれぞれ4.23%減、5.37%減。 今月26日に実績公開を控えたSKハイニックスは4-6月期、過去最大(四半期別)水準の営業利益(5兆2600億ウォン)が予想されている。しかし今後が問題だ。

不安感の主な理由は、過去2年間にわたり好況だったNAND型フラッシュメモリーとDRAMの価格下落だ。市場調査会社DRAMエクスチェンジによると、昨年12月に9.6ドルまで上がっていたDRAM(DDR4 8Gb 2133/2400MHz)価格は6月末に8.6ドルまで落ちた。6カ月連続の下落だ。 昨年9-10月に14.3ドルだったNAND(256Gb 32x8 MLC)価格も6月末基準で13.3ドルに落ちた。ハナ金融経営研究所のイ・ジュワン研究委員は「国内半導体実績は『価格効果』が絶対的であるだけに、価格が下がれば輸出額も大きく減少する」と述べた。
http://japanese.joins.com/

3D NAND市場は、2015年から2020年まで年率40%で伸びていくと予想している。IoT時代に対応しデータセンターの新増設ラッシュが続くことが理由だ。立体構造の三次元NANDは爆発的に成長するといわれている。 NANDの世界においては、現状で韓国のサムスン電子(世界シェア32.6%)と東芝/ウエスタンデジタル連合(世界シェア36.4%)。東芝としては64層タイプで市場を先行していく考えだ。3D NANDの世界は今や高層ビル建築で、韓国のSKハイニックスが2017年後半から72層のNAND型フラッシュメモリーを量産すると発表している。フラッシュメモリベースのSSD市場は、2019年には1兆円を上回ってくる見通しだ。東芝はこの3次元タイプにおいて、何と200層を積み込む技術開発をひたすら追求しているという。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月24日 09:04 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp