韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  ついにミラーレスも首位!キヤノン役員が語る次のカメラ世界

ついにミラーレスも首位!キヤノン役員が語る次のカメラ世界

キヤノンが発売したミラーレス一眼カメラが好調だ。入門機種としての主力ブランド「EOS キス」に初めてミラーレスを投入。発売以来、女性層を中心に圧倒的な人気を誇る。競合他社に比べ、ミラーレス市場への本格参入に慎重だった王者キヤノンが今後、どのような戦略を展開するのか。戸倉剛執行役員に戦略を聞いた。

―ミラーレスカメラ「EOS キスM」を3月に発売しました。現在までの状況は。
「発売以来、4―5月は国内で20%以上のシェアを占める。先行発売している『EOS M100』と合わせるとシェアは30%を超えてくる。シェア1位を獲得できており、非常に好調だ。顧客層では女性ユーザーが非常に多い。女性顧客と相関性があるかどうかは分からないが、購入層の半分以上がホワイトのデザインを選択していただいている」

―製品の特徴は。
「当社のレンズ交換式カメラは快速、快適、高画質というEOSのコンセプトの下で生産し、『キス』シリーズも基本的なスペックは備えている。ミラーレスが持つ製品の小型化と合わせ、決して妥協しない高画質の撮影ができる点が特徴だ」

―ミラーレス市場全体の見通しをどのようにみますか。
「デバイスが進化すればより普及すると思う。ただ、日本やアジア圏をみてもミラーレスの普及率が50%を超えてくると、伸び率が鈍化する傾向がみられる。ほかの地域でも今後、同じような調整があるかもしれない。市場の動向は未知数のところがある」

スポンサードリンク
―「EOS キス」シリーズの投入で、キヤノンがミラーレスカメラに本気を出してきたと言われます。
「もちろん。ただ、我々はワールドワイドで戦略を練っている。現状、ミラーレスは過渡期であり、世界各地でのミラーレス化比率は地域によってバラバラだ。国内でも一眼レフ『EOSキス X9』が非常に好調であることを考えると、今はミラーレス派と一眼レフ派の棲(す)み分けの状態にあるといえる」
http://news.livedoor.com/

スマートフォンに押され、苦境続きだったカメラ業界が息を吹き返す可能性が出てきた。ミラーレスカメラの好調で、低迷してきたデジタルカメラの年間出荷額が平成29年に5年ぶりに増加に転じた。カメラ不況を吹き飛ばす“神風”の到来となるか。各社ともミラーレスシフトを強め、反転攻勢ののろしを上げた。ミラーレスの動きは力強い。カメラ電子映像機器工業会(CIPA)のまとめでは、一眼レフカメラの出荷台数は24年の約1620万台から29年の約759万台へ右肩下がりで減少する中、ミラーレスは24年から28年まで300万台を維持し、29年は大きく伸びて400万台に乗せた。

背景には、写真共有アプリ「インスタグラム」など会員制交流サイト(SNS)で美しい写真を見せたいという“インスタ映え”を意識するユーザーの増加がある。スマホに飽き足らないユーザーが一眼レフ並みの画質が得られる上、軽量コンパクトで扱いやすいミラーレスに乗り換えつつある。デジカメの昨年の総出荷額が約7928億円を記録し、前年実績を実に5年ぶりに上回ったのも、ミラーレスの好調が寄与している。スマホに市場を荒らされてきたカメラ業界にとってミラーレスはまさに干天の慈雨というべき存在となっている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月24日 09:28 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp