韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  iPhone 6の故障率の高さが鮮明に、アップル神話に疑問符

iPhone 6の故障率の高さが鮮明に、アップル神話に疑問符

アップルは長年をかけてハイクオリティな製品イメージを築き上げてきた。なかでもトップクラスのエンジニアリングが投入されたiPhoneは、最高のスマートフォンとしての地位を獲得した。しかし、最新の調査結果によってiPhoneの信頼性に疑問が浮かぶこととなった。

メーカーや通信キャリア向けに診断ソフトウェアを提供する米国の企業「Blancco」は、先日発表したレポート「State of Mobile Device Repair & Security」で、アンドロイド端末やiOS端末の故障率を公開した。それによると、アジアや北米、ヨーロッパの3地域を通じてスマホの故障率はほぼ同レベルであり、OS別の故障率はアンドロイドが14%、iOSが12.5%となっていた。しかし、端末別でいうとiPhone 6と6Sの故障率はそれぞれ26%と14%と、他の端末よりも大幅に高い水準となっている。スマホの故障は経年劣化によるものが多いため、iPhone 8シリーズやiPhone Xの故障率はまだ目立たないレベルだ。また、iPhone 7シリーズの故障率も7~8%で平均的な水準といえる(Blanccoによる2017年第4四半期のデータ)。

ニュースサイト「AppleInsider」の記事によると、Blanccoのデータは同社がサービスを提供する通信キャリアやメーカーに持ち込まれたデバイスの数値をまとめたものであり、このデータが必ずしも全てのスマホの故障率を示すものとはいえないかもしれない。

スポンサードリンク
しかし、このところiOSのみならずmacOSに関してもハードウェア問題が報じられるアップルにとって、これは非常に気がかりな数値に違いない。iPhoneのバッテリー劣化トラブルや、MacBookのバタフライキーボードで発生した不具合、さらにiPhone 6で発生した「タッチ病」と呼ばれるスクリーンの問題などに直面した同社は今後、製品の信頼性の向上に向けて十分な注意を払う必要がある。
http://news.livedoor.com/

日本のスマホシェアNo.1といえばiPhone。その根強い人気は、海外におけるAndroidのシェア拡大なんてどこ吹く風だ。しかし一方で、iPhone の故障率が Android を上回った。そんな iPhone のなかで最も壊れやすいのは「iPhone6」である。この調査結果を公表したのは米国企業のBlancco社だ。ここでいう故障とはアプリのクラッシュやWi-Fi接続、タッチスクリーンの不具合などである。iPhone、すなわち iOS端末の故障率は前回の2016年の第1四半期では25%だったとのこと。ところが、今回の調査では58%と倍増! 初めてAndroidを上回った。

なぜこの数カ月で故障率が激増したのか。Blancco 社によると、原因はiOSである様だ。iOS9.3.1、 iOS9.3.2 へのアップデート後、iPhone や iPad にバッテリーの消耗やアプリのクラッシュ、Wi-Fi 接続の不具合などが見られるようになった。とはいえ、リサーチ会社newzooの調査によれば、Appleはこの10年間に11億1千万台ものiPhoneを販売してきたそうで、単純計算で毎年1億台以上のiPhoneを販売している事になる。実際世界スマホ端末のシェアについては25%近い数字を保有しており、端末もOSもストアも自社で管理しているだけにその収益はとんでもない事になっている。

そんなiPhoneは画面が壊れやすい、バッテリーの寿命が早いといったイメージがかなり強いが、newzooの新しい調査によれば、なんとこの10年間に販売したiPhoneのおよそ63%は現役で使用中だ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月25日 09:39 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp