韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  「iOS 12」の6つのセキュリティ機能が、iPhoneを安全にする

「iOS 12」の6つのセキュリティ機能が、iPhoneを安全にする

アップルのモバイルOSである「iOS」は、毎年アップデートされる。次期OSであるiOS 12は、アップルがWWDCでお披露目[日本語版記事]した。ベータテスターはすでにそれをインストールしており、わたしたちは9月に新しいiPhoneが発売されると、それを使えるようになる。ウィンクする3D絵文字やアプリケーションの使用制限[日本語版記事]といった特徴は大きな関心を集めるだろう。だがiOS 12は、スマートフォンのセキュリティという、もうひとつの重要な領域でいくつもの改良を行っている。

アップルは、App Storeのロック強化や暗号化機能の搭載などを通じて、セキュリティの堅牢性を誇ってきた。だがiOS 12で、iPhoneはさらに安全になるのだ。多くの人は、最も重要なアカウントに2段階認証を設定していることだろう。まだの人はそうすべきだ。あなたが新しいデヴァイスでアカウントにログインするには、ユーザーネームとパスワード(電話番号がよく使われる)以外にも何かが必要となる。これによって、ハッカーはあなたのログインに使われる個人情報を狙いづらくなる。ただ、あなた自身も多くのデヴァイスを使っていくつもログインするのなら、少しばかり面倒になってしまう。しかしiOS 12は「セキュリティコードの自動入力」という特徴でその苦痛を軽減してくれる。

SMSを通じてあなたのiPhoneに2段階認証コードが送られてきたら、iOS 12は、それが必要なアプリに自動的にそのコードを送ってくれる。このため、いちいちアプリを切り替えたり、コードをコピーしたりしなくて済む。2段階認証の手続きが楽になるし、ほかにもいろいろなことが少しずつ楽になる。

スポンサードリンク
これまでもSafariは広告トラッキングを防いでいた。訪問先のウェブサーヴァー以外のサーヴァーから渡されるCookie(サードパーティーCookie)を、Safariはブロックする。また、訪問先のウェブサーヴァーから渡されるCookie(ファーストパーティーCookie)も、30日を経過すればブロックされた。だから、あなたが定期的に訪れるウェブサイト以外に、あなたの情報があまり知られることはなかった。iOS 12のSafariは、より強力になっている。標準設定で、あなたが使うことのないウェブページ上の共有ボタンとコメントウィンドウが、あなたを追跡できないようにしている(インテリジェント追跡防止機能)。

現状、Facebookのページ以外で表示されるFacebookのシェアボタンからは、あなたが何もシェアしていなくてもあなたが何者であるかわかり、そのページからあなたのアカウントに接続できるようになっている。あなたがブラウザーからFacebookにログインする限り、シェアボタンに組み込まれたコードはあなたの訪問を記録する。だがそれができるのも、Safariに関してはあと少しで終わりだ。ブラウザーがこの種の追跡を検知すると、それを許すかブロックするかをあなたに聞いてくるようになる。
http://news.livedoor.com/

個人的には、セキュリティー対策以外の、アプリケーション起動が一段と速くなる事に関心がある。OSのバージョンアップのたびに重くなり、アプリケーションも同様なわけで、気が付いた時には、スマホやタブレット上での動きは鈍化する一方である。しかしこの秋のアップデートで、起動が早くなるというのは、より高性能なCPUを搭載したのと似た体感が得られるわけで、高速起動はマルチタスキング等には有効だ。特にiOSは、iPhone 5sやiPad Airといった旧モデルに、より良いパフォーマンスを発揮できるように細部まで改良されている点がありがたい。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月26日 09:24 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp