韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  急激に上がった韓国の最低賃金…日本の32県を上回る

急激に上がった韓国の最低賃金…日本の32県を上回る

日本政府が2018年度の全国平均最低賃金を現在より26円引き上げた1時間当たり874円(約8851ウォン)に決定した。

韓国の来年の1時間当たり最低賃金8350ウォンより501ウォン(6.0%)多い。日本の1人当たり国民所得が韓国より1万ドル近く多い点を考慮すると事実上逆転したという指摘が出ている。

韓国の来年の最低賃金はすでに日本の47都道府県のうち、長野県や宮城県など32県より高いことがわかった。韓国は全国的に同じ最低賃金を適用するが、日本は中央政府基準額を基に都道府県別の最低賃金を物価と所得により決めている。

厚生労働省中央最低賃金審議会は25日の会議で10月からの1年間に適用する2018年度平均最低賃金を3.1%引き上げられた874円に決めた。全国平均最低賃金統計を出し始めた2002年以降で最も大きい引き上げ幅だが、来年の韓国の引き上げ率10.9%の3分の1にも満たない。

スポンサードリンク
韓国の来年の最低賃金は日本の全国平均最低賃金の94.3%水準で、今年の88.3%より高くなった。日本と比べた韓国の最低賃金水準は2017年には77.6%にとどまっていたが、2年間続いた急激な最低賃金引き上げの影響で格差がほとんどなくなった。
http://japanese.joins.com/

日本の1人当たり国民所得が韓国より1万ドル近く多い点を考慮すると、事実上逆転したという指摘が出ていると、記事では日本への対抗意識をあらわにしている。日本と比較したところで、低迷期にとなった韓国経済のみならず、平均年収が日本の半分で、中小企業雇用が日本の7割よりもはるかに高い9割近い国なわけで、高い失業率への移行は加速する。それを隠すための体感失業率と分けている様では困りごとだ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月26日 09:34 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp