韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  働き方改革に逆行! 24時間営業ドラッグストアが急増する理由

働き方改革に逆行! 24時間営業ドラッグストアが急増する理由

大手ドラッグストアチェーン「ウエルシア」が24時間営業店舗を20の都府県に150店舗まで拡大中。ほかにも「マツモトキヨシ」「ドラッグセイムス」「ツルハドラッグ」などのチェーンが24時間営業店舗をどんどん増やしている。まずは24時間営業ドラッグストアが増えている理由をドラッグストア研究会会長・松村清氏に聞いてみた。

「"深夜の薬"に対する消費者のニーズは思っている以上に高いです。『病は時を選ばない』という言葉どおり、夜中に急に体調が悪化することも珍しくありません。救急病院へ行くほどでもないようなとき、ドラッグストアで済ませられるのは心強いですよね。小さな子供や高齢者のいる家庭にとってはありがたいでしょう」

確かにそれは安心! だけど、深夜営業を行なうコストに見合う利益はちゃんと出ているの!?
「深夜に営業して"頼れる存在"になることで、日中にも訪れてくれる常連客を確保することが可能になります。処方箋が必要となる調剤薬を求めてくれる"かかりつけ薬局"として使ってもらえれば定期的に利益も出ますから。

スポンサードリンク
ちなみに、日本のドラッグストアの多くが事業モデルとしている米国最大手のドラッグストア『ウォルグリーン』の場合、8000強ある店舗のうち1500以上が24時間営業。それは、夜中にも営業している安心と信頼感から昼間の客も増加するという理由があるからです」。たとえ深夜の売り上げが少なくても、総合的に見れば利益も上がるようだ。これは消費者とお店が両方得するいい関係!

ただ、従業員が大変な思いをしそうだけど大丈夫なの?
「もちろん24時間営業店舗はシフトを3交代制にするなど、従業員の労働時間や業務量が増えすぎないように調整をうまく行なっているようです」
http://news.livedoor.com/

一方で、24時間営業を見直す背景がある。人口減少により採算が合わなくなってきていることや、Eコマースなど新サービスの台頭」が挙げられる。 深夜帯の利用者の大半は、20代から40代の働き盛り世代であることが予想されるが、2010年代になってから、日本の総人口は減少の一途を辿っている。マクロ的観点ではあるが、こうした変化が少なからず深夜の来店客数に影響をおよぼしていると考える。また、AmazonなどのEコマース業態が軒並み勢いづいていることを踏まえると、ユーザーの消費行動も変化していると言える。利用者側の変化もさることながら、経営側からしても労働力を確保しにくい環境が、24時間営業の難しさに拍車をかけている。

そんな中で大手ドラッグストアチェーン「ウエルシア」が24時間営業店舗を20の都府県に150店舗まで拡大し続けており、「マツモトキヨシ」「ドラッグセイムス」「ツルハドラッグ」などのチェーンが24時間営業店舗を増やしているには、わずかなチャンスの中での競争と言える。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月26日 16:43 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp